不動産査定は複数の業者へ!複数依頼すべき理由や査定方法を徹底解説!

家と電卓と札束中古マンション売却

【売却を検討中の方へ】

不動産を高く(早く)売りたいと思っているなら、以下3つの一括査定サイトの利用を強くおすすめします。

  • HOME4U
  • イエウール
  • リガイド 

というのも、私が中古マンションを売却した際、実際に上記3つのサイトを使って「優秀な担当者」を見つけられたからです。

結果、たった1ヶ月で売主が見つかり、購入価格より190万円も高く売ることができました。

 

この一部始終を、以下の記事に「体験談」としてすべてをお伝えしています。

>>たった1ヶ月で190万円の利益を得られた私の売却体験談

 

「売却で失敗したくない」「成功率の高い方法で売却活動をしたい」と少しでも思っているなら、必ずお役に立てる記事です。

ネットに乱雑している、証拠のないうわべの情報に惑わされるのはもうやめにしましょう。

今回は、不動産査定を「複数」の会社に依頼すべき理由や注意点、具体的な査定書の取得方法などを詳しく解説していきます。

 

不動産売却の際にまずやるべきことは「査定」ですが、「複数」の不動産会社にアプローチすべきか、「1社」に絞るべきか迷いませんか?

複数の不動産会社から見積書を取ると電話やメールの対応が大変そうですし、悪徳業者に捕まって嫌な思いをしそうで怖いですよね。

 

ご想像の通り、複数の不動産会社に査定してもらうことにはメリットもデメリットもあります。

しかし、一部の優良な一括査定サイトを使えば、複数の査定書を取るデメリットを最小限に抑えてメリットのみを享受することもできるのです。

 

この記事では、私実際に使って検証した30個以上の無料一括査定サイトの中で最もおすすめのサイトも紹介しているので参考にしてみてください。

不動産査定で複数の会社にアプローチすべき2つの理由とは?

メリット

不動産査定で複数の会社にアプローチすべき理由は主に2つあります。

どちらもあなたの物件を高く売るためには欠かせない要素となります。

  • 「最高価格」と「相場」がわかる
  • 不動産会社(担当者)を比較できる

1.「一番高い売却価格」と「相場」が簡単にわかる

複数の不動産会社に査定を依頼すれば、あなたの物件の「一番高い売却価格」と「売却価格の相場」が簡単にわかります。

 

複数の査定書を比較できれば、「最大値=一番高い売却価格」「平均値=売却価格の相場」も一目でわかるからです。

 

1社に絞って査定をしてしまったら、

  • 「この価格って相場より高いのかな?安いのかな?」
  • 「この価格より高く売ってくれる不動産会社が他にあるかも・・・」

と、なかなか決断できなくなってしまいます。

 

逆に、より多くの見積もりを比較できれば、「一番高い売却価格の信ぴょう性」も「売却相場の精度」も高まりますよね。

 

あなたの不動産の売却相場を知って、より高い価格で売りたいなら、複数の不動産会社に見積もってもらうことは必須です。

2.どこの不動産会社(担当者)が優秀か比較できる

複数の不動産会社に査定依頼すれば、どこの不動産会社(担当者)が優秀か?」を簡単に比較できます。

 

複数の不動産会社とやりとりすることで、「どこが優秀なのか?」を“五感”で感じながら比較できるからです。

 

1社に絞って査定を依頼してしまうと、「最高額」や「相場」がわからないのと同じように「どこの業者が一番優秀か?」や「顧客対応のレベルはどの程度が普通なのか?」がわかりません。

 

しかし、複数の不動産会社とやりとりできれば、自分の中で「顧客応対の合格ライン」が見えてくるので一番優秀な担当者を見抜けるようになります。

「複数の見積書を取ると悪徳業者に捕まりそう」と思う人が多いですが、逆に複数の担当者とやりとりした方が、1社に絞るよりも悪徳業者に捕まるリスクは小さくできるのです。

 

悪質な不動産会社に捕まってトラブルだらけの売却活動になるのが怖いなら、複数の業者に見積もりを依頼して賢く担当者を選ぶべきです。

不動産査定で複数の会社にアプローチする際の2つの注意点とは?

デメリット

不動産査定で複数の会社にアプローチする際の注意点は主に2つあります。

人によってはストレスになるものもあるので、事前にしっかり把握しておきたいです。

  • メールや電話でのやりとりが大変
  • 質の悪い業者も紛れ込んでいる?

1.複数の業者とのメールや電話のやりとりが大変

複数の不動産会社に査定を依頼する一つ目の注意点は、アプローチした数だけメールや電話で連絡がくるので対応に追われてしまうということです。

 

不動産査定には「机上査定」と「訪問査定」があります。

机上査定物件を見ずに、入力したデータのみで相場と照らし合わせて見積もる方法。
訪問査定相場だけではなく、不動産会社の担当者が実際に物件を訪問し、物件の状態を確認して見積もる方法。

 

机上査定であれば、類似物件の取引事例や周辺環境などの「データ」のみで査定されるので、メールや電話でのやりとりだけで済みます。

これなら、査定依頼した不動産会社の数が多くてもそこまでストレスにはなりません。

(※私のように話をするのが苦手だという方はメールでのやりとりを希望すると精神的にラクです。笑)

 

しかし、訪問査定になると担当者が物件に訪問してくるので、依頼した数だけ対応しなければなりません。

貴重な休日が簡単に潰れてしまいます。汗

 

よって、私のおすすめは下記の方法で見積もりを取ることです。

  1. まずは机上査定を依頼し、売却価格とともに業者(担当者)の対応の仕方を見極める。
  2. 1の結果を見て良さそうなところにだけ訪問査定を依頼する

 

「見積額の根拠」や「担当者のメール・電話対応」で担当者が優秀かどうかは簡単に判断できます。

ですから、上記の方法なら訪問対応の数を減らせますし、最初から悪質な担当者に訪問されることもありません。

 

複数の業者に見積もりを依頼すると、対応しなければならない業者の数が増えて大変だと思いがちですが、ちょっと工夫すれば簡単にストレスは軽減できます。

2.質の悪い業者も紛れ込んでいる?

複数の不動産会社に査定を依頼すると、悪質な不動産会社が紛れ込んでいて、一瞬でも接点を持たなければならない場合があります。

 

世の中の不動産会社は「優秀」より「悪質」なところが多いですから、アプローチした分だけ巡り合う確率も高くなります。

 

しかし、これを避けてしまっては「優秀な業者」を見分けることができません。

1社に絞って見積もりすると、悪質なサービスなのに「これが普通なのかな・・・?」と見過ごしてしまいがちです。

逆に、複数の業者に見積もりした段階で悪徳業者に「NO」と言えた方が、売却に成功する確率は高まりますよね。

 

とはいえ、一部の優良一括査定サイトを使えば、悪徳業者に排除した状態で査定ができるのでそこまで心配しなくてもいいです。(詳しくは後の章で)

 

下手な一括査定サイトを使って複数の業者に見積もりを依頼した場合は、悪徳業者に出会うこともあるので注意したいです。

「不動産査定は複数の業者へ」って具体的に何社?

たくさん

複数の不動産会社に査定を依頼するなら、大手も地元密着業者も共にバランスよく、「3社以上」にアプローチするのが好ましいです。

 

バランスよく査定をしてもらえば、それぞれ違った観点からの見解を聞けるからです。

 

査定してもらう数の「3社以上」は必須です。

大手、地元密着どちらにも査定依頼したいというのもありますが、業者の中には見積書を送ってくれないところも出てくるからです。

 

実際に、私が使った「リビンマッチ」では3社に依頼して2社しか見積もりが届きませんでした。

この場合、2社しか比較できず、十分な比較ができないですよね。

 

私が推奨する数は「6社」です

6社に依頼しておけば、1、2社届かなくても比較するには十分な量の情報が確保できます。

 

複数の不動産会社に見積もりを依頼するときは、「大手、地元密着の業者をバランスよく6社へ」を意識したいです。

【複数の査定書を取る方法】おすすめの無料一括査定サイトとは?

複数の査定書を取る方法としておすすめなのは、すでにご紹介しているように、無料の一括査定サイトを利用することです。

 

ただ、一括査定を使うとなると、

  • 複数の業者とのメールや電話のやりとりが大変
  • 質の悪い業者も紛れ込んでいる場合がある

という注意点が気になりますよね。

しかし、利用する一括査定サイトを賢く選べば、上記のような複数の査定書を取るデメリットを少なくできます。

 

そのデメリットを解消できる一括査定サイトの一つが「HOME4U」です。

HOME4Uは世間的にも、

  • 日本で一番使われている
  • 東証一部上場企業の「NTTデータ」が管理している
  • 悪質な不動産会社を排除する制度がある
  • 「エース社員」が担当なのでストレスがない

という評判と口コミが多く、利用価値を高く評価されています。

 

下記は、私が実際に使って検証した30サイトのうち、上位10サイトをランキング形式で比較したものです。↓

【上位10サイト比較表】

一括査定サイト最高見積額査定先候補の数
HOME4U1020万5社
イエウール965万5社
リガイド950万8社
すまいvalue880万4社
マンションナビ & スモーラ820万3社
リビンマッチ816万3社
イエイ712万1社
イエカレ※13社
不動産査定エージェント※11社
マイスミEX※20社

※1:上位サイトで見積もりを依頼していた業者と重複したため申請できず
※2:見積もりを試みたものの、受付拒否

(サイト名をクリックすると、私の実体験記事で証拠画像を確認できます)

 

HOME4Uで多くの見積書が取れること、売却価格が一番高かったことが、上記の比較表で一目瞭然ですね。

 

その他、HOME4Uの実績を証明したデータはたくさんありますが、全て載せると長くなるので、詳しくは「HOME4Uの評判、口コミ、私の実体験」の記事で確認してみてください。

 

あなたが優秀な業者と出会って高く売りたいと思うなら、複数の見積書を取得するメリットだけを享受できる「HOME4U」を使っておくべきです。

【HOME4Uの詳細&無料査定はこちら↓】

HOME4Uの公式サイト 

【私の実体験記事はこちら↓】

HOME4Uの評判、口コミ、体験談

【まとめ】不動産査定を複数の業者へ依頼すれば高く売れやすい!

「複数」の不動産会社へ査定を依頼することに躊躇してしまうのは、複数の業者にアプローチすべき理由と注意点(メリットとデメリット)を把握できていないからです。

 

メリットとデメリットを知って、デメリットを回避できるような査定方法をとれば、あなたの不動産売却の成功は約束されたようなものです。

 

複数の不動産会社へ査定するデメリットから逃れる方法は、HOME4Uの一括査定サイトを使うことです。

 

HOME4Uは、

  • 日本で一番使われている
  • 東証一部上場企業の「NTTデータ」が管理している
  • 悪質な不動産会社を排除する制度がある
  • 「エース社員」が担当なのでストレスがない
  • 最も高い見積額を知ることができた(私の実体験

など、利用価値が高いことサイトであることがわかっています。

 

HOME4Uは、複数の業者に見積もりしてもらうメリットのみを享受し、デメリットを排除できるサイトであることが、世間的にも私の実体験的にも実証されているのです。

 

一括査定を使うなら、まずは私が使った30サイトの中で最も高い実績を残せた「HOME4U」から検討した方がいいです。

査定は「無料」かつ「5分」でできてデメリットはありません。HOME4Uは必ず試しておくべき一括査定サイトです。

【HOME4Uの詳細&無料査定はこちら↓】

HOME4Uの公式サイト 

【私の実体験記事はこちら↓】

HOME4Uの評判、口コミ、体験談

 

この記事が、複数の不動産会社に査定しようか迷っている方への情報提供記事として、あなたの役に立てたら幸いです。

【無料公開】不動産担当者に“丸投げ”で中古マンションを“高く&早く”売却できた秘訣とは?

中古マンション売却の秘訣

不動産売却って、実際どうやって進めればいいの?

と悩んでいませんか?

不動産売却は、失敗したら“数百万円レベル”の損失が出る大きな取引ですから、成功確率の高い方法で慎重に進めたいですよね。

 

私も最初は同じ悩みを抱えていましたが、周りの信頼できる不動産投資家にアドバイスをもらいながら、所有していた中古マンションを売却しました。

 

その結果、「710万円」で買った中古マンションを、「900万円」で売ることができました。↓

【710万円で 購入したときの売買契約書↓】

 

【900万円で売った時の売買契約書↓】

単純計算で「約190万円」の売却益を得ることができました。

 

しかも、投資物件だったので、運用益も含めたら「345万円」が通帳に残りました。↓

証拠の通帳2

 

おまけに、売り出してからは、私は何もしませんでした。

不動産担当者に”丸投げ”にしていたら、たった1ヶ月で売主が見つかりました。

 

このように、ラクに高く(早く)売ることができたのは、「優秀な担当者を見つけること」に全精力を注いだから。

もらったアドバイスも「とにかく信頼できる担当者を見つけろ!」ってことでした。

 

なので、あなたも同じように行動すれば、不動産を高く(早く)売れる確率が上がることは間違いありません。

よって、私が経験した「不動産売却の一部始終」を、実体験記事として「無料」で公開することにしました。

 

もし、「売却で失敗したくない」「成功率の高い方法で売却活動をしたい」と少しでも思っているなら、以下の記事に一度目を通してみてください。

>>たった1ヶ月で190万円の利益を得られた私の売却体験談

タイトルとURLをコピーしました