【イエウールとマンションナビの比較一覧】専門家に任せて高く売却できるのは?

イエウールとマンションナビを比較中古マンション売却

【一括査定サイトを検討中の方へ】

どの一括査定サイトを使えばいいか迷っているなら、以下の3つだけ使っておけば間違いありません。

  • HOME4U
  • イエウール
  • リガイド 

というのも、私が中古マンションを売却する際、実際に上記3つのサイトを使って「優秀な担当者」を見つけられたからです。

結果、たった1ヶ月で売主が見つかり、購入価格より190万円も高く売ることができました。

 

この一部始終を、以下の記事に「体験談」としてすべてをお伝えしています。

>>たった1ヶ月で190万円の利益を得られた私の売却体験談

 

「売却で失敗したくない」「成功率の高い方法で売却活動をしたい」と少しでも思っているなら、必ずお役に立てる記事です。

ネットに乱雑している、証拠のないうわべの情報に惑わされるのはもうやめにしましょう。

今回は、イエウールとマンションナビ(マンションnavi)について、どちらを使えばあなたのマンションを高く売却できるのか徹底比較していきます。

 

  • 不動産一括査定サイトとしてよく名前を聞く「イエウール」
  • 「マンション」を専門に査定してくれる「マンションナビ」

マンション所有者にとって、どちらを使えば高く売れやすいのか気になりますよね。

 

私もマンションを所有しているので、「1円でも高く売りたい」という気持ちはあなたと同じですし、だからこそ一括査定で失敗したくありません。

よって、私自身で両サイトとも体験し、どちらがマンション所有者に適した一括査定サイトなのか比較検証しました。

 

比較した結論から言うと、

  • 優秀な地元業者に任せて「高く売る」なら「イエウール」
  • 専門家に任せて「早く確実に売る」なら「マンションナビ」

を使っておくべきです。

 

とはいえ、もし「一つに絞るなら?」と聞かれたら「イエウール」を選びます。

両者の特徴を比較したところ、マンションナビよりもイエウールの方が優れた項目が多かったからです。↓

(※……優っている、……劣っている、黒……互角)

比較項目イエウールマンションナビ
実際の査定結果
(査定依頼できた業者の数・最高査定額)
4社・965万円3社・820万円
加盟店の質
  • 「1800社」と提携
  • 「契約解除制度」があり、優良業者のみと提携。
  • 「700社」と提携。
  • パトロール制度がないため質の低い業者も紛れている可能性あり。
  • 「マンション」に特化していて専門性が高い。
世間の評判と口コミ
  • 「優秀な地元業者のみ」と提携を進めている。
  • 大手で高額売却できる可能性を捨てることになる。
  • 「担当者がしつこい」「怪しい」といった評価あり。(実際に結果が届かない業者があったが、それ以上に優秀な業者の方が多かった)
  • 一度に9社(売却6、賃貸3)の見積書が取れる。
  • 賃貸経営に関する提案もしてくれる。
  • 「見積もりが届かない」といった評価が少なくない。(実際に私も届かない業者がいた)
サイトの安全性「Pマーク」未取得。「Pマーク」未所得。
利用者数「450万人」が利用。「360万人」が利用。
運営会社と業績
  • インターネット事業会社の「株式会社speee」が運営。
  • 「11年間」の運営実績
  • マンションリサーチという中小企業が運営。(不動産業者へのコンサルティングがメイン)
  • 「7年間」の運営実績。
メリットとデメリット
  • 1800社と提携。(=マッチングの質が高い)
  • 優秀な地元業者とつながれる可能性が高い
  • 「契約解除制度」があるので営業マンがほぼ優秀。
  • お試し感覚で気楽に見積もりできる。(特に机上査定の手続きが簡単)
  • 「地元特化」だからか「ハングリー精神が強い」「対応が雑」な社員も一定数存在する。
  • 賃貸の見積もりもできる。
  • マンション特化サイトなので、良質な情報や賃貸経営に関する情報も入る。(すぐに飼い主が見つかる可能性も)
  • およその価格相場がわかる「簡易査定サービス」が便利。
  • 「見積もりが届かない」といった質の悪い不動産会社に当たる可能性がある。
  • 取得できる見積書が少なくなりがち。

上記の比較表より、どちらもサイトにもメリットデメリットがあり、一概には比較できません。

しかし、査定結果や実際に担当者とやりとりした経験を踏まえると、マンションナビよりもイエウールを使って方が失敗は少ないと感じています。

 

よって、あなたが初めて一括査定をするなら、まずはイエウールを使っておくべきです。

イエウールの公式サイトはこちら

イエウールの評判、口コミ、私の体験談はこちら

 

比較内容について詳細を知りたい場合は、このまま記事を読み進めて見てください!

イエウールとマンションナビの比較【実際の査定結果】
「150万円」高かったイエウールに軍配!

実際に取得した査定書の比較では、「査定額」はマンションナビよりイエウールの方が「約150万円」高かったです。

また「査定数」の比較でも、イエウールの方がマンションナビよりも「1社」多い結果となりました。

 

【イエウールとマンションナビの査定結果比較表】

一括査定サイト最高見積額査定先候補の数
イエウール965万4社
マンションナビ820万3社

※サイト名をクリックすると、私の実体験記事に飛びます

 

【イエウールの査定書】

イエウール画像4

 

【マンションナビの査定書】

マンションナビ結果画像2

 

上記比較のように、受け取れるお金が150万円も変わるかもしれないのですから、使う一括査定サイトを慎重に選ぶ重要性を痛感します。

 

では、なぜ「150万円」も差がついてしまうのか?

理由の一つとして考えられるのは、イエウールに「契約解除制度」があることです。

 

「契約解除制度」とは、提携不動産会社に対して、

  • 根拠のある査定をしているか?
  • 悪質なサービスや違反行為をしていないか?
  • 迷惑な応対をしていないか?

などをパトロールし、一定レベルに足していない不動産会社とは、契約を解除する制度です。

 

イエウールではこの制度を「10年以上」も稼働させているので、今提携している不動産会社は「優良中の優良業者」と言えます。

不動産売却は、あなたではなく不動産担当者が中心となって進みます。

ですから、高く売却したいなら、いかに「優良業者=高く売れるスキルを持つ業者」を見つけられる一括査定サイトを使うかが鍵となります。

 

対して、マンションナビには「契約解除制度」がありません。

ですから、マンションナビと提携している不動産会社が「優良業者」である確率はイエウールより少ないと考えられます。

不動産売却は失敗すると「数百万円」もの損をすることはザラですから、マンションナビ使うなら、「業者を見る目」は持っておきたいです。

 

査定書の比較で判断するなら、まずはマンションナビよりも高く売れる可能性があったイエウールを使っておくべきです。

【イエウールの詳細&無料査定はこちら↓】

イエウールの公式サイト

【私の実体験記事はこちら↓】

イエウールの評判、口コミ、体験談

イエウールとマンションナビの比較【提携不動産会社の質】
マンションナビの営業マンは当たれば大きい!

イエウールとマンションナビの業者の質を比較

「提携不動産会社(加盟店)」を比較すると、マンションナビよりイエウールの方が「優秀な担当者」が多い印象です。

しかし、マンションナビでも「マンションの専門家」として質の高い担当者に出会うことも可能です。

 

イエウールは「1800社」の不動産会社と提携しており、この加盟店数は不動産一括査定サイト業界でも「No.1」です。

しかも「契約解除制度」も稼働しているので、「優良業者とのマッチング率」はとても高いと言えます。

私が実際にイエウールで出会った担当者も優秀な方が多かったです。(若干押しが強かったですが)

(実際の電話の様子を再現しています。→「イエウールの評判、口コミ、体験談」)

 

対して、マンションナビは「加盟店数700社」「契約解除制度なし」なので、イエウールと比較したら、優良業者とのマッチング率は低いと考えられます。

 

しかし、私がマンションナビを使った結果、「専門的かつ魅力的なオファーをする担当者」に出会うことができました。

と言うのも、マンションナビで査定した業者から、

  • 「あなたのマンションを売却したことがあります。」
  • 「あなたが持っているような物件を探している人がいます。」

など、「早く売れる」ことが濃厚なオファーをもらえたのです。

 

以下は、「売却したことがある」という言葉をもらえた「証拠画像」です。↓

マンションナビ結果画像3

「似ている物件を探している人がいる」は電話で言われたので証拠はないのですが、その時の電話の様子を再現したのでチェックしてみてください。

(参考記事:マンションナビの評判、口コミ、体験談

 

やはりマンションナビは「マンション専門」なので、

  • マンション売却の知識に富んだ担当者
  • マンションを探している買主の情報を持つ担当者

とつながることができます。(契約解除制度がないので優秀かどうかは保証できませんが)

よって、「マンション売却に関する専門的な情報を得たい」と思うならマンションナビを使ってみてもいいでしょう。

 

とは言え、魅力的なオファーをくれた業者からは「査定結果」が届かなかったので、最終的な私の評価はイマイチです。笑

 

「提携不動産会社の質」の比較で判断するなら、まずは優良業者と出会いやすいイエウールを使い、より専門的な情報も得たいならマンションナビも使ってみるのがいいでしょう。

イエウールとマンションナビの比較【評判と口コミ】
イエウールの「しつこい」「怪しい」との評価は嘘?

世間の評判と口コミを比較してみましたが、どちらの方が優れているとは一概に決められませんでした。

 

以下に、両サイトの「世間の評判と口コミ」「実際に使ったことがある人の感想」を簡単に比較できるようにまとめました。↓

※すべての評判、口コミ、感想を知りたい方は「参考記事」から確認してみてください。

 

【イエウール】(参考記事:イエウールの評判・口コミ・体験談

良い評判・口コミ
  • 1800社と提携しているイエウールは利用価値が高い。(業者の絞り込みにもなる)
  • 不動産会社や担当者の対応が親切で丁寧。知識も豊富。
  • お試しで気楽に見積もりできる。(机上査定がおすすめ)
  • 「買取」や「任意売却」に強い特殊な業者も紹介してくれる。
  • 優秀な中小不動産会社に見積もりしてもらえる。
  • 他「13件」のコメントあり。
悪い評判・口コミ
  • メールで返事が欲しいと言ったのに、電話で連絡してきた。
  • 断ったはずのところから着信があった。
  • 見積もりを依頼したのに、連絡がこない業者があった。
  • 他のサイトと変わらなく、良さがわからない。
  • 専任媒介だけ取りにくる担当者がいて嫌な思いをした。
  • 他「4件」のコメントあり。

 

【マンションナビ】(参考記事:マンションナビの評判・口コミ・体験談

良い評判・口コミ
  • 合計9社(売却6社、賃貸3社)の査定が同時に取れて便利。
  • 見積もり結果の到着が早くて助かった。(2日後)
  • 賃貸経営に詳しい不動産会社に出会える。(賃貸経営後の確定申告や税金、入居者募集、委託管理まで相談できた)
  • 売却関連(手順、費用、書類)やリフォームの是非なども不動産会社に相談できる。
  • 離婚によるマンション売却だったが、近所に知らないように配慮してくれた。
  • 他「10件」のコメントあり
悪い評判・口コミ
  • 見積もり結果の到着が遅かった。(1週間以上かかった)
  • 催促しても見積書が届かない不動産会社がいた。
  • 賃貸も見積もれるのはいいが、肝心の売却の見積書が少なくて参考にならなかった。
  • 査定価格より100万円安く売却する事になってしまった。
  • 選択できる不動産会社が少なかった。(1社のみとか)

 

世間の評判と口コミを簡潔にまとめると、以下の通りです。

  • 【イエウールの良い評判】1800社の中から優良業者に出会える
  • 【マンションナビの良い評判】賃貸にも詳しい専門業者に出会える
  • 【どちらにも共通の悪い評判】質の悪い不動産会社に捕まる可能性もある

 

イエウールとマンションナビの良い評判と口コミについては、私の実体験とも一致する部分が多いので、信憑性のある情報だと言えそうです。

 

しかし、イエウールの悪い評判と口コミ(=不動産会社の質が悪い)については、あまり信憑性がありません。

確かに、私の実体験でも「査定結果を届けてくれない」「押しが強い」という業者がいましたが、それ以上に優良業者の方が多かったからです。

また、イエウールの他の紹介サイトにも「営業がしつこい」「サイトが怪しい」などの評価がありますが、その証拠がありませんでした。

 

対して、マンションナビの悪い評判や口コミについては、イエウールよりも私の実体験と当てはます部分が多いので、若干信憑性はあると感じています。

 

このように、イエウールとマンションナビの世間の評判と口コミは一長一短で、優劣を比較するのは難しいです。

私なら評判や口コミは参考程度にしつつ、実際の査定結果が良く、多くの優良担当者に出会えたイエウールを使います。

イエウールとマンションナビの比較【サイトの安全性】
どちらも「個人情報保護」に不安が残る

HOME4Uとイエイの安全性の比較

「サイトの安全性」の比較では、イエウールもマンションナビも個人情報保護の面で不安が残ります。

イエウールもマンションナビも「Pマーク」を取得していないからです。

 

「Pマーク」とは、個人情報を適切に保護できる事業者だけが取得できるマークです。

このマークがあれば、あなたの個人情報が第三者に漏れる可能性は「ほぼあり得ない」と考えていいです。

(Pマークを取得している優良一括査定サイトと言えば「HOME4U」が代表的です)

 

とは言え、私の経験上「Pマーク」があってもなくても「個人情報」で嫌な思いをしたことは一度もないので、そこまで神経質にならなくても大丈夫だと感じています。

 

しかし、「個人情報が漏れるリスクは絶対に避けたい」と思うなら、Pマークのある一括査定サイトを使っておいた方が安心でしょう。

イエウールとマンションナビの比較【利用者数】
「90万人」の差があるも互角の印象

イエウールとマンションナビの利用者数比較

「利用者数」の比較では、イエウールの方がマンションナビより「90万人」多いです。

イエウールは年間で「450万人」、マンションナビは「360万人」に利用されています。

 

一見すると、イエウールの方が利用者数は多いので、マンションナビより支持されていると思いがちです。

実際にイエウールの「450万人」は、業界トップのHOME4U(700万人)に次ぐ利用者数です。

 

しかし、イエウールは「戸建&マンション」が査定対象なのに対し、マンションナビは「マンションのみ」です。

つまり、マンション専門なのに90万人しか差がないことを考えると、たくさんの「マンション所有者」に支持されているサイトだと考えられます。

 

やはり、マンションを専門とする一括査定サイトはマンションナビだけなので、マンション所有者にとっては利用価値が高いようです。

 

イエウールとマンションナビでは専門分野が違うので、単純に利用者数の比較をすることができません。

どちらも多くの売主に支持されているサイトですから、イエウールとマンションナビどちらを使っても致命的な失敗をすることはないでしょう。

イエウールとマンションナビの比較【運営会社と特徴】
マンションナビの「簡易査定」は魅力!

「運営会社や特徴」の比較では、イエウールよりもマンションナビの方が「不動産」に関する実績はあります。

 

イエウールは「株式会社speee(スピー)」というインターネット事業会社が、マンションナビンションナビは「マンションリサーチ」という不動産コンサルティング会社が運営しています。↓

【イエウール】

イエウールの運営会社(speee)

引用元:イエウール  公式サイト「運営会社情報」

 

【マンションナビ】

マンションナビの運営会社

引用元:マンションリサーチ株式会社 公式サイト

 

イエウールはwebマーケティングをメインとする「speee(スピー)」が10年以上運営しています。

マンションナビと違って「不動産専門会社」ではないので、「信用できるの?」と心配になる人もいるのではないでしょうか?

 

しかし、先日イエウール担当者に直接話を聞いたところ、今後スピーはイエウールに対して積極的にサービス向上を図っていくと話していました。

具体的には、さらに「地元の優良業者」と提携を進め、他サイトにはない「強み」を構築して差別化を図っていくようです。

悪徳業者とは提携せず、本当に優秀な担当者とユーザーをつなげたいとのことでした。

 

対して、マンションナビは「不動産コンサル」がメインの中小企業が運営しています。

社長が以前に不動産会社で働いていたようなので、不動産の知識やノウハウはマンションナビの方が優れているでしょう。

 

実際に、価格相場がわかる「簡易査定サービスatta(中古マンション購入情報サイト)など、今までの不動産業界にはなかった新しいサービスは高く評価されています。

しかし、一括査定サイトを実際に利用した立場から比較すると、10年以上運営してきているイエウールにはまだ及ばないといった印象です。

 

「一括査定以外のサービス」ならマンションナビが魅力ですが、「一括査定そのもの」で良い結果を出したいならイエウールを使っておくべきです。

イエウールとマンションナビの比較【メリットとデメリット】
「地元の優良業者」か?「マンション専門業者」か?

イエウールとマンションナビ、それぞれのメリットとデメリットを比較すると以下の通りです。↓

【イエウール】

メリット
  • 1800社と提携している(=マッチングの質が高い)
  • 優秀な地元業者と出会える可能性が高い
  • 「契約解除制度」があるので担当者がほぼ優秀。
  • お試しで気楽に見積もりできる。(机上査定の手続きが簡単)
デメリット
  • 「地元特化」だからか「ハングリー精神が強い」「対応が雑」な社員も一定数存在する。
  • Pマークを取得していない

 

【マンションナビ】

メリット
  • 合計9社(売却6社、賃貸3社)の見積書が同時に取れる。
  • 賃貸経営に詳しい不動産会社に出会える。
  • マンション特化サイトのため専門的な情報が得られる。(すぐに買主が見つかる可能性も)
  • およその価格相場がわかる「簡易査定サービス」が便利。
デメリット
  • 悪徳業者を排除する仕組みがなく、「見積もりが届かない」などの質の悪い不動産会社に当たる可能性あり。(私の実体験&世間の評判や口コミで証明済み)
  • 取得できる見積書が少ない。(結局他サイトを使うことになり二度手間)
  • Pマークを取得していない。

イエウールを使う最大のメリットは「地元の優良業者に出会える=高く売れやすい」ことです。

「提携数1800社」に加えて「契約解除制度」もあるので、あなたの物件とのマッチング率は必然的に高くなります。

あなたの物件の売却が得意な営業マンがつけば、普通の営業マンがつくより良い条件で売れやすくなるのは当然のことです。

 

対して、マンションナビの最大のメリットは「マンション特化の一括査定サイト」ということです。

私の実体験にもあったように、マンションに詳しい担当者とつながれば「効率よく売却する戦略」を提案してくれます。

「餅は餅屋」ということわざがあるように、マンション売却にはマンションの専門家に任せた方がスムーズに売却できるでしょう。

 

両者に共通のデメリットとしては、「質の悪い営業マンに当たる可能性がある」ことです。

「世間の評判や口コミ」と「私の実体験」で一致していることなので、信憑性は高いです。

 

しかし、イエウールに関しては優秀な担当者が多かったのも事実です。

実際にイエウールで出会った4人の担当者とやりとりをしましたが、みなさん優秀でしたし、査定書の比較でも一番高かったHOME4Uに次ぐ結果が出ています。

「営業がしつこい」「怪しい」など根拠のない評価が出回っていますが、実際に利用した私からすればそのような事実は少ないと感じています。

 

メリットデメリットの比較ではそれぞれ特徴があり、はっきり優劣をつけられません。

しかし、「どうせ売るなら高く売りたい」と思うなら、安定して優良業者とつながれるイエウールを使っておいた方が良さそうです。

【結論】「高額売却」ならイエウール、「早期売却」ならマンションナビ

比較の結論として、物件を「高く売却したい」なら、マンションナビよりもイエウールを使っておくべきです。

逆に「早く確実に売りたい」なら、マンションナビも使っておいた方がいいでしょう。

 

総合的に比較した結果、「高く売れる要素」に関してはマンションナビよりもイエウールの方が多かったです。↓

(※……優っている、……劣っている、黒……互角)

比較項目イエウールマンションナビ
実際の査定結果
(査定依頼できた業者の数・最高査定額)
4社・965万円3社・820万円
加盟店の質
  • 「1800社」と提携
  • 「契約解除制度」があり、優良業者のみと提携。
  • 「700社」と提携。
  • パトロール制度がないため質の低い業者も紛れている可能性あり。
  • 「マンション」に特化していて専門性が高い。
世間の評判と口コミ
  • 「優秀な地元業者のみ」と提携を進めている。
  • 大手で高額売却できる可能性を捨てることになる。
  • 「担当者がしつこい」「怪しい」といった評価あり。(実際に結果が届かない業者があったが、それ以上に優秀な業者の方が多かった)
  • 一度に9社(売却6、賃貸3)の見積書が取れる。
  • 賃貸経営に関する提案もしてくれる。
  • 「見積もりが届かない」といった評価が少なくない。(実際に私も届かない業者がいた)
サイトの安全性「Pマーク」未取得。「Pマーク」未所得。
利用者数「450万人」が利用。「360万人」が利用。
運営会社と業績
  • インターネット事業会社の「株式会社speee」が運営。
  • 「11年間」の運営実績
  • マンションリサーチという中小企業が運営。(不動産業者へのコンサルティングがメイン)
  • 「7年間」の運営実績。
メリットとデメリット
  • 1800社と提携。(=マッチングの質が高い)
  • 優秀な地元業者とつながれる可能性が高い
  • 「契約解除制度」があるので営業マンがほぼ優秀。
  • お試し感覚で気楽に見積もりできる。(特に机上査定の手続きが簡単)
  • 「地元特化」だからか「ハングリー精神が強い」「対応が雑」な社員も一定数存在する。
  • 賃貸の見積もりもできる。
  • マンション特化サイトなので、良質な情報や賃貸経営に関する情報も入る。(すぐに飼い主が見つかる可能性も)
  • およその価格相場がわかる「簡易査定サービス」が便利。
  • 「見積もりが届かない」といった質の悪い不動産会社に当たる可能性がある。
  • 取得できる見積書が少なくなりがち。

具体的には、以下の5つの要素が該当します。

  • 多くの査定書を取得できた。
  • 査定額も高かった。
  • 「契約解除制度」によって優良業者のみが提携。
  • 1800社と提携。マッチング率が高い。
  • 利用者数が業界No.2。(=良い結果が出やすい)

よって、「高く売ること」を第一に考えるならイエウールを使っておいた方が良いです。

 

対して、マンションナビは、

  • 賃貸料の査定もできる。
  • マンションに特化していて専門的な情報が手に入る。

など、「マンション売却に関するより専門的な知識」を得るのに特化している印象です。

マンションナビで「マンション専門家」に出会えれば、あなたの物件を早く売却できる可能性もあります。

詳細は当記事の「提携不動産会社の質の比較」で紹介した私の実体験の通りです。

 

このように、イエウールとマンションナビのどちらを使うべきなのかは、あなたの状況や意向によって変わります。

 

場合によっては、両方使うことがあっても良いと思います。

むしろ、私が一括査定サイトを紹介すると、特徴に合わせて複数使い分けている人の方が多いです。

 

高く売りたいなら「イエウール」、早く確実に売りたいなら「マンションナビ」を使ってみてください。

ただ、どっちか一つに絞るなら、私は「高く売ること」を優先するのでイエウールを選びます。

【イエウールの詳細&無料査定はこちら↓】

イエウールの公式サイト

【私の実体験記事はこちら↓】

イエウールの評判、口コミ、体験談

【まとめ】まずはマンショナビよりイエウールで一括査定を!

イエウールとマンションナビについて、世間の評価や私の体験を元に比較してきました。

 

あなたが「不動産を高く売ることを優先する」なら、まずはマンションナビよりもイエウールで一括査定を行うべきです。

イエウールには、

  • 多くの査定書を取得できた。
  • 査定額も高かった。
  • 「契約解除制度」によって優良業者のみが提携。
  • 1800社と提携。マッチング率が高い。
  • 利用者数が業界No.2。(=良い結果が出やすい)

など、マンションナビにはない「高く売るための要素」がマンションナビよりも多かったからです。

比較結果の詳細は、【結論】の章で比較一覧表にまとめていますので、再度確認してみてください。

 

しかし、マンションを売るのなら、マンションナビも利用価値は十分にあります。

世間の評判や口コミ、私の実体験から、マンションナビは「マンション専門家」と出会えることがわかったからです。

マンション売却を知り尽くしている担当者に出会えれば、効果の高い売却戦略だけでなく、賃貸経営に関するアドバイスももらえます。

「自分の物件は売却と賃貸どちらが良いのか?」の正しい判断ができれば、利益を最大化することができるでしょう。

 

このように、イエウールとマンションナビ、どちらを使えば良いかはあなたの意向次第です。

ただ、「最初に使うべき一括査定サイトはどっち?」と聞かれたら、私は実績の良かったイエウールを迷わず選びます。

どちらを使うべきか迷っているなら、まずはイエウールから使ってみてください。

【イエウールの詳細&無料査定はこちら↓】

イエウールの公式サイト

【私の実体験記事はこちら↓】

イエウールの評判、口コミ、体験談

当サイトでは、最も優れた一括査定サイトとして「HOME4U」を推奨しています。

HOME4Uは大手も地元業者にもバランスよく査定でき、実際の査定書の比較でもわずかですがイエウールより実績が良かったです。

気になる方は、「HOME4Uとイエウールの比較記事」も読んでみてください。

 

この記事がイエウールとマンションナビの比較情報として、あなたのお役に立てれば嬉しいです。

【無料公開】不動産担当者に“丸投げ”で中古マンションを“高く&早く”売却できた秘訣とは?

中古マンション売却の秘訣

不動産売却って、実際どうやって進めればいいの?

と悩んでいませんか?

不動産売却は、失敗したら“数百万円レベル”の損失が出る大きな取引ですから、成功確率の高い方法で慎重に進めたいですよね。

 

私も最初は同じ悩みを抱えていましたが、周りの信頼できる不動産投資家にアドバイスをもらいながら、所有していた中古マンションを売却しました。

 

その結果、「710万円」で買った中古マンションを、「900万円」で売ることができました。↓

【710万円で 購入したときの売買契約書↓】

 

【900万円で売った時の売買契約書↓】

単純計算で「約190万円」の売却益を得ることができました。

 

しかも、投資物件だったので、運用益も含めたら「345万円」が通帳に残りました。↓

証拠の通帳2

 

おまけに、売り出してからは、私は何もしませんでした。

不動産担当者に”丸投げ”にしていたら、たった1ヶ月で売主が見つかりました。

 

このように、ラクに高く(早く)売ることができたのは、「優秀な担当者を見つけること」に全精力を注いだから。

もらったアドバイスも「とにかく信頼できる担当者を見つけろ!」ってことでした。

 

なので、あなたも同じように行動すれば、不動産を高く(早く)売れる確率が上がることは間違いありません。

よって、私が経験した「不動産売却の一部始終」を、実体験記事として「無料」で公開することにしました。

 

もし、「売却で失敗したくない」「成功率の高い方法で売却活動をしたい」と少しでも思っているなら、以下の記事に一度目を通してみてください。

>>たった1ヶ月で190万円の利益を得られた私の売却体験談

タイトルとURLをコピーしました