中田裕二のプロフィール

中田裕二

【この記事を書いた人】中田裕二

銀行員、不動産仲介、不動産投資の経験を通して、賢い中古マンション売買に関する情報を発信。

710万円で購入した中古マンションを4年後に900万円で売却した実績あり。(投資物件としての運用益も含めて利益は300万円に)

その経験から、中古マンション「購入」「売却」それぞれに関する独自のノウハウをお伝えしています。↓

「資産性中古マンション購入法」の詳細はこちら

「中古マンション売却の極意」の詳細はこちら

【サイト運営者名】

中田裕二

【仕事】

不動産投資家・・・サラリーマン時代、休日返上の不動産投資活動を経て、今では家賃収入のみで生活するまでになる。

【これまでの経歴】

◯2011年4月

地方銀行に勤務。法人融資、住宅ローン、投資信託、保険商品などあらゆる業務を経験。「ファイナンシャルプランナー2級」を取得

ファイナンシャルプランナーの資格

◯2014年6月

不動産仲介会社で住宅ローンアドバイザーとして勤務。「住宅ローンアドバイザー資格」を取得。

◯2015年1月

不動産投資の活動を個人で始める

◯2017年3月

脱サラする。不動産投資の収入のみで生活できるようになる

◯2017年4月

今までの経験を生かし、中古マンションに特化した中立的な情報提供をしようと決意。当サイトの運営を始める。

もっと詳しい自己紹介

初めまして!中田裕二と申します。

この度は、「中古マンションのリアル」をのぞいて頂き、誠にありがとうございます!

私のメイン事業は「不動産投資家」です。

サラリーマン時代から不動産投資を学び、今では家賃収入で自由に生活していけるまでになりました。

時間的にも経済的にも自由な状態なので、このまま呑気に暮らしても良いわけですし、もっと投資物件を拡大して「メガ大家」を目指しても良いわけです。

しかし、私は「中古マンションのリアル」を運営することを選び、日々「情報発信」に取り組んでいます。

その理由には、私がこれまで社会人として見てきた「世の中の実態」や「実際の経験」が大きな影響を与えています。

ちょっと長くなりますが、お話しさせて頂きますね。

黒すぎた「銀行員時代」

サラリーマンと通貨記号

私は大学卒業後、「地方銀行」に就職しました。

営業職だったので、預金以外のことにはすべてノルマが課されます。

  • 法人融資
  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • リフォームローン
  • フリーローン
  • 生命保険
  • 投資信託
  • クレジットカード加入
  • 年金受け取り
  • 貸金庫

など、銀行業務の売り上げに関わるほとんどは「営業職」に託されます。

もちろん、ノルマが達成されないと大変です。

毎日のように立たされ、怒鳴られ、もちろん給料は上がらない。

もともと気の弱い私はそれが嫌すぎて必死に働きました。

平日は夜までビラまき、もちろん土日も営業、休みはありません……。

でも、学生時代は「バスケ部」にいたこともあり、体力には自信があったので「休みなし」というのはそれほど苦ではありませんでした。

何よりも苦だったのは「お客さんのためにならない商品を売る」という行為。

例を挙げると、

  • お金を持っている高齢者を狙って投資信託や保険商品をゴリ押しする
  • お金を借りなくても良い優良企業に融資をゴリ押しする
  • お金が必要な経営難の企業には1円も貸さない
  • 年会費だけ取られてメリットが一切ない銀行クレジットカード加入をゴリ押し
  • 別にどこでも変わらない「年金受け取り」を自分の銀行に変えさせる

まぁ、できる営業マンなら、うまくメリットを伝えてノルマを達成するのでしょう。

しかし、私には「意味がない仕事」に思え、本当に無理でした。(今考えても無理です。笑)

清廉潔白だと思っていた銀行員のイメージが崩れ、お金の相談をする相手はちゃんと選ばなければならないなと思ったきっかけになりました。

同時に、私は「中立的で信頼されるコンサルタント」になりたいと思い、転職をしたのです。

自分を犠牲にしすぎた「不動産仲介時代」

疲れている木の人形

銀行で経験を積んだ後は、「個人向けの金融業務」がやりたいと思い、不動産仲介会社のファイナンス部門に転職しました。

そこでは「住宅ローンアドバイザー」として、お客様に最適な住宅ローンや火災保険の提案を行い、住宅購入後のサポートまで携わっていました。

仕事内容はとても好きでした。

「ライフプランの観点から無理なく家を購入してもらおう」というスタンスなので、私の価値観にとても合っていました。

しかし、不動産業界特有の「勤務体系」が私の身体を蝕んでいきました。

「週6勤務」「休日出勤」「サービス残業」の連続。

たまの休みでも一日中電話がなり続ける。

そんな日々が続き、私の身体は謎の「じんましん」と「顔湿疹」に犯され、全身が赤くただれていきました。

合計6件の病院に行っても原因は分からず、「診療費」というお金だけが飛んでいきました。

でも、自分では原因が分かっていましたけどね。

「ストレス」だと。笑

上司や同僚は「大丈夫?」と声をかけしてくれますが「形」だけ。

本気で心配なんかしていませんでした。

この経験をきっかけに、

  • いくら仕事に意義があっても自分を犠牲にしてはいけない
  • 「周りは助けてくれない。自分を守れるのは自分だけ」
  • 「なんとか今の生活を抜け出したい」

と思うようになりました。

その日から、副収入を自分で作って会社に頼らなくても生きていけるようになろうと考え、模索する日々が始まったのです。

不動産投資(中古マンション投資)との出会い

マンション

サラリーマンを続けながら、空き時間を見つけては「副収入」となる副業を探していました。

たくさんの可能性にアプローチしていたので、中には大きな間違いを犯したこともあります。

一番大きな失敗は、「ネットワークビジネス」に手を出したことです。

ご存知の方もいると思いますが、「ネズミ講」と似ている仕事かつ、異常なテンションの人が多く、世の中からは嫌悪されている仕事です。

私の学生時代は友人関係を避けてきた傾向があったので、急に声をかけられた友人はかなり不審がっていました。

当然ですよね。汗

もちろん、成功しなかったですし、友人も減ってしまいました。

でも、これがきっかけで「不労所得」と言うものがあることを知れたのは良かったと思っています。

それがきっかけで「不労所得」にフォーカスを絞って探すことができ、「不動産投資」に出会えたからです。

そして、ファイナンシャルアカデミーの「不動産投資スクール」にたどり着きました。

(それぞれに関して、詳しい記事を書いています。)

無料セミナーを受けて「不動産投資しかない!」と感じ、後日スクールを受けることにしたのです。

不動産投資の学校の教材

サラリーマンをしながら、スクールを受講し、休日も返上で不動産投資活動をする日々が続きました。

勉強をしたことを元に物件を探したり、不動産会社に訪問する日々が続きました。

時には自分の会社の社員から情報をもらったりもしました。

でも、最初はうまくいきませんでした。

良い物件を紹介してもらっても他の人に買われてしまったり、投資ローンの審査が難航したりと、様々な障害がありました。

しかし、めげずに活動し続けた結果、その日々の努力が実って少しずつ投資物件を増えていきました。

そして、今では家賃収入のみで生活することができるまでになったのです。↓

初めて買ったマンションの契約書

上記の物件は、私が初めて購入した「区分マンション(中古マンション)」です。

埼玉県にある、3DK、当時築31年の物件。

不動産情報サイトから見つけて、価格交渉をして安く買えました。

価格は「710万円」で、710万円の融資を使いました。

証拠の通帳1

この物件を買うのに苦労したので、決済が終わった時はとても嬉しく、達成感があったのを覚えています。

そして、この物件を2019年11月に売却しました。

なんと、「900万円」で売れ、190万円もの利益を出すことに成功したのです。

売却時の売買契約書

投資物件だったので、運用益も含めて「345万円」が残りました。

証拠の通帳2

私がこのように大きなお金を手にすることができたのは、「購入」と「売却」それぞれで適切な知識を得て、適切な行動をとったからこそだと思っています。

200万円の利益を手に入れた経験をもとに、当サイトでは、

を提供しています。

気になる方はのぞいてみてください。

私を救ったのは「正しい情報」

真実

私が、家賃収入で自由に生活ができるようになったのは、不動産投資の活動をやり続けたからですが、それだけではないと思っています。

銀行員をやっていたことで得た「お金に関する正しい知識」、不動産仲介会社にいたことで得た「不動産に関する正しい知識」を活かせたことが大きいと思っています。

具体的には、銀行員や不動産仲介の立場にいないと分からない「裏事情」を知っていたことが成功の大きな要因であると実感しています。

銀行員や不動産仲介の社員は、お客さんにお金を融資した利息や家を売って得た仲介手数料でご飯を食べています。

ですから、表向きは「お客様第一」でも、本質は「自分第一」です。

お客様のためにならないサービスでも、強引に押し進めるケースが少なくない。

もしかしたら、既にあなたもどこかで一度は経験しているかもしれません。

または、すでに気づかぬうちに搾取されているかもしれません。

そのような「不利になる情報」を見抜いて回避することが、お金の運用や不動産購入においては重要なんです。

しかし、不利な情報を回避したり、正しい情報を掴むのってなかなか難しい。

情報発信しているのは、たいてい銀行か不動産仲介会社といった「利害関係がある立場の人」ですから。

そこで私は考えました。

「銀行・不動産仲介・不動産投資家」の3つのポジションを経験してきた私が情報発信をすれば、消費者目線かつ真実に近い情報が提供できるのでは?」と。

そして、世にある不動産情報サイトを調査したり、私の経験を深掘りした結果、

  • 私は今まで中古マンションを多く購入してきた
  • 中古マンションに特化したサイトが少ない

という事実が見えてきました。

ですから、「中古マンション専門サイト」を作れば、存在価値の高いサイトになるのではと考えたのです。

正しい情報を知ることが重要!

これまでお話ししてきた通り、当サイトでは読者の方に「不動産の正しい情報」や「本当にためになる商品」をご紹介していきます。

当サイトを有効に活用して頂き、中古マンション購入の一助になること。

そして、中古マンションを活用した不動産投資の成功の一助になることができれば幸いです。

不動産・中古マンションに関する「真実で裏のない情報」を提供できるよう情報提供に努めていきます!

今後とも、どうぞよろしくお願い致します!

中古マンションのリアル運営者

中田裕二

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする