中古マンションは買取でも高く売ろう!基礎知識から買取価格相場の調べ方まで全てまとめた!

中古マンション買取の基礎知識やコツを紹介中古マンション売却

【売却を検討中の方へ】

不動産を高く(早く)売りたいと思っているなら、以下3つの一括査定サイトの利用を強くおすすめします。

  • HOME4U
  • イエウール
  • リガイド 

というのも、私が中古マンションを売却した際、実際に上記3つのサイトを使って「優秀な担当者」を見つけられたからです。

結果、たった1ヶ月で売主が見つかり、購入価格より190万円も高く売ることができました。

 

この一部始終を、以下の記事に「体験談」としてすべてをお伝えしています。

>>たった1ヶ月で190万円の利益を得られた私の売却体験談

 

「売却で失敗したくない」「成功率の高い方法で売却活動をしたい」と少しでも思っているなら、必ずお役に立てる記事です。

ネットに乱雑している、証拠のないうわべの情報に惑わされるのはもうやめにしましょう。

今回は、中古マンションの「買取」ついて、早くかつ高く売るための基礎知識からノウハウを全てまとめていきます。

 

あなたが中古マンションの買取を考えているということは、

  • 「長い間売却に出しているけど、なかなか売れない」
  • 「引っ越しが決まっているから早く売りたい」
  • 「早急に現金が必要だから早く売りたい」

など、「とにかく早く売りたい」と焦っているのではないでしょうか?

 

と言っても、頭の片隅では「できる限り高く売れた方がいい」と思っていますよね。

高く売れた売却益が出れば使えるお金が増えますから、そう思うのは当然の話です。

 

しかし、買取に関する正しい知識がなければ、あなたは得するどころかさらに損をする可能性が高いです。

買取は仲介と違って「業者」との売買になります。

相手はプロですから、言いなりになっているだけだと「赤子の手をひねる」かのごとく搾取されてしまいます。

 

この記事では、中古マンションの買取の基礎知識からメリットデメリット、買取価格相場の効率的な調べ方などをまとめていますので、一読しておくことをおすすめします。

買取業者と仲介業者の違いは?あなたの中古マンションはどっちがベスト?

中古マンションの「買取」と「仲介」の違いは以下の表のの通りです。

買取不動産会社があなたの中古マンションを直接買い取ってくれる。
仲介不動産会社があなたの中古マンションを購入するお客さんを探してくれる。

 

「買取業者」は、あなたの中古マンションを直接購入してくれます。

直接購入してくれるのは、購入後にリフォームやリノベーションを行い、他のお客さんに売却して利益を得ることを目的としているからです。

※これを「再販」と言います

 

対して、「仲介業者」はあなたの中古マンションを買ってくれそうなお客さんを探してくれます。

あなたとお客さんの契約の手伝いをすることで、買主から「仲介手数料」をもらうことを目的としています。

 

一見すると、買取の方が「第三者(買主)を挟まなくてラクそう」と思うかもしれません。

 

しかし、「買取」は「仲介」で売却活動をしていても中古マンションがなかなか売れない場合の「最後の手段」として使った方がいいです。

というのも、買取価格は仲介での売却価格の相場よりも3〜4割減少するからです。

あなたの金銭的な損失が大きくなるので、買取はできる限り避けておきたいです。(とにかく早く売りたい場合はこの限りではないですが)

 

中古マンションの買取と仲介との大きな違いは「売却価格に大きな差が生まれること」です。

売却益を得ることが目的なら「仲介」、とにかく早く売りたいなら「買取」というように、あなたの意向に合わせて使い分けてみてください。

中古マンションの買取の具体的な4つの流れとは?

人と階段

中古マンション買取の主な流れとしては、次の4つのステップを踏みます。↓

  1. 買取相談
  2. 中古マンションの調査、価格査定
  3. 売買契約
  4. 引き渡し

 

上記の行程でかかる期間は「約2週間〜1ヶ月」です。

それぞれの手続きについてはほとんど「不動産担当者」がやってくれますので、あなたが気にする必要はありません。(信頼できる営業マンを見つける必要はありますが)

 

買取の流れを気にするよりも、まずあなたがやるべきは「本当に仲介じゃ売れないのか?」を確認することです。

買取と仲介では、売却価格に大きな差が出ることは前章でお伝えした通りで、あなたの損失はとても大きくなります。

 

具体的には、あなたの中古マンションが売れない理由と対策について、もう一度確認してみてください。↓

【中古マンションが売れない6つの理由】

  • 管理費や修繕積立金が高い
  • 地方、田舎に物件がある
  • 定期借地権の物件である
  • 築年数が古い
  • 売出価格が高い
  • 不動産仲介会社に力がない

【中古マンションが売れない場合の7つの対策】

  • 売出価格を見直す
  • 物件の魅力をUPして差別化を図る
  • 不動産仲介会社を選び直す
  • 値下げする
  • 一度売るのをやめてみる
  • 賃貸を検討する
  • 買取を検討する

参考記事:中古マンションが売れない場合の理由と対策

まだ試していない対策があればやってみる価値はあります。

実際に行動するだけですんなり売れて、何百万円もの損失を回避できることがあるからです。

 

買取の流れはいたってシンプルで、優秀な不動産会社さえ見つければあとは任せておくだけで大丈夫です。

それよりもあなたが一度やっておくべきは、大金を失わないために「本当に仲介で売れないのか?」を確認しておくことです。

中古マンションの買取では仲介手数料はかからないが費用はかかる!

中古マンションの買取では「仲介手数料」がかかりません。

ちなみに、仲介での売却ですと「物件価格×3%+6万円」の仲介手数料が取られます。(3000万円の物件だったら約100万円取られます)

 

ただし、買取でも、以下の費用はかかってきます。

費用目安の金額
売買契約書の印紙代10,000円〜30,000円(※参考:国税庁HP)
ローン抵当権抹消費用約30,000円
引っ越し費用ご家庭の状況次第

 

住宅ローンが残っていない場合は「抵当権抹消費用」もなくなります。

その場合は「印紙代」のみとなるので,買取にかかる費用はほとんどないと言っても過言ではありません。

 

売却価格はいくらでも良いから「早く中古マンションを売りたい」「費用も少なくしたい」という人は、仲介ではなく買取が向いていると言えます。

中古マンション買取の3つのメリットと2つのデメリット

中古マンション買取のメリットとデメリット

中古マンションの買取には、主に3つのメリットと2つのデメリットがあると考えられます。↓

【メリット】

  1. 買取再販なのでそのまま売却できる
  2. 瑕疵担保責任が免除になる
  3. 内覧の手間がない

【デメリット】

  1. 仲介より売却価格が安くなる
  2. 足元を見られる

状況によっては、仲介よりも買取の方が優れている点もあるので、比較する際の材料にしてください。

中古マンション買取のメリット1.
買取再販なのでそのまま売却できる

中古マンション買取におけるメリットの1つ目は「買取再販なのでそのまま売却できる」です。

 

中古マンション買取では、買取業者が「現状のまま」で買い取ってくれるので、あなたはクリーニングやリフォームを行う必要がありません。

買取業者は、「買取再販(※)」が目的だからです。

※買取再販……安く買い取った中古マンションに独自のリフォームやリノベーションを施して、他の消費者に高く売却すること

ですから、売主の私たちはただ引っ越して出ていくだけでいいのでラクです。

 

仲介での売却であれば、クリーニングやリフォームをする必要が出てきて、大きなお金が飛ぶこともあります。

そう考えると、買取は余計な出費なしで売却できるので嬉しいですね。

 

中古マンションを売却するのに手間をかけたくないという方は買取が向いているかもしれません。

中古マンション買取のメリット2.
瑕疵担保責任が免除になる

中古マンション買取におけるメリットの2つ目は「瑕疵担保責任が免除になる」です。

 

中古マンションの買取が完了してしまえば、物件にいくら欠陥があったとしても、あなたは一切責任を負うことはありません。

これを「瑕疵担保免責」と言います。

 

仲介での売却であれば、瑕疵担保責任を一定期間は保証するように契約することが多いですが、買取の場合は買取業者がすべて責任を持ちます。

だからこそ、買取価格が異常に安かったり、現状のまま引き渡しすることができるワケですね。

 

買取は、売却価格は安くなりますが、キレイサッパリ手放せるのが魅力でもあります。

中古マンション買取のメリット3.
内覧の手間がない

中古マンション買取におけるメリットの3つ目は「内覧の手間がない」です。

 

買取は「次に住む人」に物件を売るワケではないので、部屋の内覧(見学会)が不要です。

強いて言うなら、不動産会社の担当者が一度査定で見に来るぐらいです。

 

仲介での売却のように、内覧の度に買主候補とスケジュールを合わせたり、部屋をキレイにする手間がなく、とてもラクに売却できます。

 

また、人の出入りも不動産担当者だけなので、近所に自分の中古マンションを売りに出していることを悟られません。

 

仕事で忙しい、内覧対応はできないという人は、買取であれば簡単に中古マンションを売ることができるでしょう。

中古マンション買取のデメリット1.
仲介より売却価格が安くなる

中古マンション買取におけるデメリットの1つ目は「仲介より売却価格が安くなる」です。

 

「仲介と買取の違い」でも触れた通り、買取価格は仲介の売却価格相場よりも3〜4割減少します。

これは買取の大きなデメリットと言っても過言ではないです。

 

その代わりに、メリットで触れたような、

  • 買取再販なのでそのまま売却できる
  • 瑕疵担保責任が免除になる
  • 内覧の手間がない

など「早くラクに」売却することができます。

 

できる限り高く売りたい方は「買取」を避け、仲介でより高く売る方法を考えるようにしたいです。(参考記事:中古マンションが売れない場合の理由と対策

中古マンション買取のデメリット2.
業者に足元を見られる可能性がある

中古マンション買取におけるデメリットの2つ目は「業者に足元を見られる」です。

 

買取の場合は、

  • 個人情報
  • ローン残高
  • 購入時の金額

など、全ての個人情報を業者にさらけ出すことになります。

嫌な言い方をすれば、敵にこちらの手の内を全て見せて戦うことになるのです。

 

ですから、運悪く相手が悪徳業者だと、足元を見られてあなたに不利な買取条件を提示してくる可能性がゼロではありません。

 

例えば、仲介相場で1000万円で売れる中古マンションは、買取だと600〜700万円に下がるのは既にお伝えした通りです。

そして、仮にあなたのローン残高が500万円で、それを悪徳業者に知られている状態だとしましょう。

その場合、心のない担当者だと「この人は500万円で売れれば文句言わないかも」と思い、「500万円じゃないと買えませんね」とふっかけてくる可能性もあるのです。

600〜700万円で買い取れるところを500万円なので、100万円以上の損失になります。

 

このように、買取の相手が「不動産のプロ」で、こちらの個人情報を出さなければいけない以上、足元を見られる可能性は捨て切れません。

買取で足元見られたくなければ、「信頼できる不動産会社」を見つけることが搾取されないコツとなるでしょう。

買取保証には注意?高く売れる中古マンションも売れなくなる?

拡声器で警告する男

「仲介」で中古マンション売却を依頼したときに、セーフティーとして「買取保証」を提案されることがありますが、きっぱり断わりましょう。

買取保証をつけると「不動産会社が本気で売却活動をせず、あえて売れ残るように仕向ける」というデメリットが発生するからです。

 

「買取保証」とは、「仲介での売却活動をしても、売れなかった場合はうちで買い取ります」という制度です。

あなたに取っては、中古マンションが売れない場合は不動産仲介が買い取ってくれることになるので売れ残る不安がありません。

 

しかし、不動産会社からしたら、買取して再販した方が儲けが大きいので、仲介よりも買取したいのが本音です。

 

不動産会社は「買取保証がついている&売れ残る」という条件が揃えば、あなたから中古マンションを最安値で購入することができます。

その最安で購入した物件をリフォームして相場価格以上で再販すれば、大きい利益が得られるのです。

よって、悪質な不動産会社の中には、大きく利益が得られる「買取」に持ち込もうとして、あなたが依頼した仲介での売却活動をさぼることがあります。

 

売却依頼をする際は、なるべく買取保証はつけないように気をつけましょう。

中古マンションの買取価格相場は「一括査定」で簡単にわかる!

資料

自分の中古マンションの買取価格相場はいくらなのか知りたい場合は「一括査定サイト」の利用をおすすめします。

なぜ「自分で不動産会社に訪問する」のではなく「ネットを使った一括査定サイト」を勧めるかと言うと、その方があなたの貴重な時間をムダにしないからです。

 

私は、実際に査定のために不動産会社を渡り歩いたことがあります。

その時経験したのは、不動産会社が多くて歩き疲れたこと、そして質の悪い不動産会社に当って営業トークに引っかかり、なかなか外に出られなかったことです。

こうなると簡単に1日がつぶれるので、あなたの貴重な休日を台無しにしてしまいます。

 

しかし、一括査定サイトを使えば、

  • パソコンやスマホから情報入力をして「査定依頼スタート」を押すだけ
  • 手続きは長くても「5分」
  • 優秀な不動産会社が厳選されているので失敗が少ない
  • 同時に複数の買取価格とその根拠を比較できる
  • メールのみでも対応できる

など、店舗を回って買取価格を調べるよりもメリットが多く、「簡単かつ正確な情報」を取得できます。

最近では、一括査定サイトを使わず、店舗を回っている人の方が珍しいくらいです。

 

買取価格の相場を簡単に調べたいと思うなら、まずは「一括査定サイト」を使って複数の価格を比較する方法を取ってみてください。

 

次の章では、実際に私が査定をして「優良業者を見つけることができた一括査定サイト」を紹介しているので、検討してみることをおすすめします。

中古マンションの買取ならコレを使おう!おすすめの一括査定サイト3選

中古マンションの買取業者や買取価格相場を調べるのに一括査定サイトを探しているなら、以下の2つがおすすめです。

  • マンションナビ
  • HOME4U

私はどちらのサイトも使ったことがありますが、早く売ることに関しては「マンションナビ」が、高く売ることに関しては「HOME4U」が優れていました。

 

本来は「仲介」をメインとしている一括査定サイトが多いですが、上記の2サイトは「買取」希望と伝えれば買取向けに査定してくれるので安心して使ってみてください。

 

(そのほかの一括査定サイトのランキングが見たい場合は中古マンションと一括査定についてまとめた記事を参考にして見てください。)

中古マンション買取におすすめの一括査定サイト1.
マンションナビ

マンションナビ

マンションナビは、唯一中古マンションに特化した一括査定サイトです。

そのため、賃貸情報に強く、投資用として売り出すスキルのある不動産会社も紹介してくれるので、中古マンション所有者にとっては出口戦略の幅が広がります。

体験談記事で書きましたが、「既にそのような中古マンションが欲しいというお客さんがいます」と言ってくれた業者が実際に見つかっています。

よって、買取でなくても「高くかつ早く」売れる可能性もあります。

提携社数700社
利用者数(年間)360万人
経営期間8年
査定可能件数最大9社
  • 運営期間8年で実績のあるサイト
  • 不動産のプロが中立的な立場でサポートしてくれる
  • あなたの物件の売却を得意とする不動産会社とマッチング
  • メディアにも注目されている

【マンションナビの詳細&無料査定はこちら↓】マンションナビのボタン

【私の実体験記事はこちら↓】
マンションナビの評判、口コミ、体験談

中古マンション買取におすすめの一括査定サイト2.
HOME4U

HOME4U

HOME4Uは、一括査定サイトの定番で、日本で一番利用されているサイトです。

特質すべきは「安心感」で、東証一部上場NTTが17年間運営してきた実績があります。

大手企業、中小企業バランスよく査定できるので、あれこれ迷いたくない場合はHOME4Uを選んでおけば間違いないです。

提携社数900社
利用者数(年間)700万人
経営期間17年
査定可能件数最大6社
  • 私が利用した30サイトの中で最も査定額が高かった実績あり
  • 「日本初」の不動産一括査定サイト。
  • 「Pマーク」取得会社にため、個人情報漏洩のリスクが少ない
  • 悪徳会社を排除する「パトロール制度」を導入している

【HOME4Uの詳細&無料査定はこちら↓】

HOME4Uの公式サイト 

【私の実体験記事はこちら↓】

HOME4Uの評判、口コミ、体験談

【まとめ】中古マンション買取の成功は「信頼できる業者選び」がカギ!

中古マンションの買取に関して、簡単な言葉でまとめるなら、「安くても良いからできる限り早く、そして費用や手間をかけずに売却したいなら買取が向いている」と言うことです。

 

逆に高く売りたいなら「買取」ではなく「仲介」で売却しましょう。

買取だと、売却価格が「3〜4割安くなる」という大きなデメリットがあるからです。

 

しかし、この記事を読んでいる人の中には「高く売りたいけど、売れなくて仕方なしに買取を検討している」という人もいるかと思います。

その場合は、焦って買取に出して損失を広げる前に、まずは「本当に仲介で売り切ることはできないか?」をもう一度だけ確認してみましょう。

当サイトに「売れない中古マンションの売り抜き方」の記事がありますので、一読して他に手はないかを確認してみてください。

 

確認した上で「買取がベストだ」と判断したら、あなたの中古マンションがどのくらいの価格になるのかを「一括査定」して相場を調査します。

相場もわからないまま丸腰で業者と買取交渉するのは、自ら不動産会社に搾取されに行くようなものです。

足下見られて安い価格をふっかけられる可能性が高まるので、一括査定サイトを使って複数の査定書を比較し、買取価格の相場感を掴んでおきましょう。

 

利用する一括査定サイトについては、既におすすめした「マンションナビ」と「HOME4U」を使ってみてください。

「マンションナビ」を使えば、私の実体験のように、買取でなくても「高くかつ早く売れる」業者が見つかる可能性が高いです。

「HOME4U」を使えば、優良業者に出会いやすいので、安い買取価格をふっかけるような業者に出会うことはほぼないでしょう。

 

どちらも実際に私が使って「優良業者」を見つけられたサイトなので、使っておいて損はありません。

【1】中古マンションに特化した不動産会社に依頼するなら↓マンションナビのボタン

【私の実体験記事はこちら↓】
マンションナビの評判、口コミ、体験談

 

【2】日本一利用されているサイトで安全に査定するなら↓

HOME4Uのボタン

【私の実体験記事はこちら↓】
HOME4Uの評判、口コミ、体験談

 

仲介でも買取でも、できるだけ高く早く売れるように、知識武装して行動に移してみてください。

【無料公開】不動産担当者に“丸投げ”で中古マンションを“高く&早く”売却できた秘訣とは?

中古マンション売却の秘訣

不動産売却って、実際どうやって進めればいいの?

と悩んでいませんか?

不動産売却は、失敗したら“数百万円レベル”の損失が出る大きな取引ですから、成功確率の高い方法で慎重に進めたいですよね。

 

私も最初は同じ悩みを抱えていましたが、周りの信頼できる不動産投資家にアドバイスをもらいながら、所有していた中古マンションを売却しました。

 

その結果、「710万円」で買った中古マンションを、「900万円」で売ることができました。↓

【710万円で 購入したときの売買契約書↓】

 

【900万円で売った時の売買契約書↓】

単純計算で「約190万円」の売却益を得ることができました。

 

しかも、投資物件だったので、運用益も含めたら「345万円」が通帳に残りました。↓

証拠の通帳2

 

おまけに、売り出してからは、私は何もしませんでした。

不動産担当者に”丸投げ”にしていたら、たった1ヶ月で売主が見つかりました。

 

このように、ラクに高く(早く)売ることができたのは、「優秀な担当者を見つけること」に全精力を注いだから。

もらったアドバイスも「とにかく信頼できる担当者を見つけろ!」ってことでした。

 

なので、あなたも同じように行動すれば、不動産を高く(早く)売れる確率が上がることは間違いありません。

よって、私が経験した「不動産売却の一部始終」を、実体験記事として「無料」で公開することにしました。

 

もし、「売却で失敗したくない」「成功率の高い方法で売却活動をしたい」と少しでも思っているなら、以下の記事に一度目を通してみてください。

>>たった1ヶ月で190万円の利益を得られた私の売却体験談

タイトルとURLをコピーしました