火災保険見積もりのタイミングはいつ?早めにやるべき3つの理由とは?

中古マンション関連

今回は、「火災保険の見積もりのタイミング」について、あなたの住宅に最適なプランに安く加入するためにはいつ見積もりすべきかを徹底解説していきます。

 

火災保険の見積もりのタイミングまで知っておきたいと考えるあなたは、かなり「慎重」で「計画的」でしょう。(私もかなりの慎重派です。笑)

火災保険は「大切な家と家族」を守ってくれる重要な商品ですから、失敗のないようにじっくり選びたいと思うのは当然ですよね。

 

そして、あなたが危惧している通り、適当なプランで良いと考えてしまったら、悪質な不動産会社や銀行に搾取されて「数十万単位」で損する可能性もあります。

 

よって、見積もりのタイミングは「できる限り早く」が原則です。

保険会社は「何十社」とありますから、その中からあなたにとってベストで安いプランを見つけるにはそれなりに時間が必要だからです。

 

この記事では、火災保険の見積もりができる具体的なタイミングや加入までの流れ、ベストプランが見つかるおすすめの見積もり方法まで最後に解説しています。

すぐにおすすめの見積もり方法を試してもいいですが、その前にこの記事を読んで全体像を確認してからの方が納得して行動できます。

【火災保険を検討中の方へ】

「価格.com」の火災保険一括見積もりサイトを使ったら、他で見積もった時より20万円も安いプランを提案してくれました。

「価格.com保険」を使っておかないと、20万円も損してしまうかもしれません。

〈無料見積もりはこちら↓〉

価格.com保険の公式サイト

〈20万円以上の差が出た証拠画像あり↓〉

価格.com火災保険の実体験、評判、口コミ

火災保険の見積もりのタイミングは「建築確認申請書」を入手したら!加入までの流れも解説!

火災保険の見積もりタイミングは建築確認申請書を取った後!

火災保険の見積もりが可能となる「最も早いタイミング」は「建築確認申請書」を入手したらです。

ある程度正確な見積書を作成するには、一般的に以下の3つの書類が必要とされているからです。

  1. 売買契約書もしくは販売図面
  2. 建築確認申請書(第三・四面)
  3. 住宅性能評価書

 

「建築確認申請書」とは「建物を新築または増改築する時に、その建物が建築基準法や条例などに適合するか確認してもらうために役所や検査機関に提出する書類」です。

書類には「構造、面積、間取りなど」が具体的に載っています。

ですから、具体的にどんな建物が立つのか、この書類である程度確定されるのです。

 

よって、見積もりを最速で取得したいなら、不動産会社に連絡して「建築確認申請書(可能なら他の書類も)」を取り寄せましょう。

取り寄せできるタイミングは以下の通りです。↓

新築戸建て建築が始まる前
中古戸建てや中古マンション即日(すでに建物が出来上がってるため)

新築の場合は、建築開始から完成まで時間があるので、見積もりを早めに行えば、じっくり検討できます。

中古住宅を購入する場合は、物件を決めたその日から建築確認申請書が存在するので、見積もりを即日行い、じっくり検討することをおすすめします。

 

見積もりから加入までの流れをまとめると以下の通りです。↓

  1. 「建築確認申請書」やその他必要なものを揃えて「一括見積もり」を行う
  2. 引き渡し「1〜2週間」までプランを検討し確定する
  3. 引き渡し当日に「保険料」を支払う

加入までの流れの詳細は「火災保険加入までの具体的な流れ(準備中)」の記事で解説しているので、気になる方は参考にしてみてください。

 

あなたの住宅にベストなプランへ安く加入するためにも、火災保険の見積もりは「建築確認申請書」を取得できたタイミングで行いましょう。

火災保険見積もりを「早め」のタイミングやっておくべき3つの理由とは?【実体験】

火災保険の見積もりを早めのタイミングでやらない不利益とは?

火災保険の見積もりは、必ず「早め」のタイミングでやっておいてください。

私がこのように強く主張するのは、以下3つの理由があるからです。

  1. 最適なプランに安く加入するなら複数の見積書を比較が必要
  2. 銀行や不動産会社に搾取される可能性がある
  3. 引き渡しに間に合わない

 

これらは、不動産会社で働いていた時に私が良く目にした「火災保険を重要視していなかったお客さんが辿った末路」です。

あなたが火災保険選びで失敗しないためにも、それぞれについて詳しく紹介しておきます。

【理由1】最適なプランに安く加入するなら複数の見積書を比較が必要

火災保険の見積もりのタイミングを「早め」に行っておくべき理由の1つ目は「複数の見積書を比較するため」です。

複数の見積書をじっくり比較することで、あなたの住宅や家族にとって「最適」かつ「最安」のプランを見つけやすくなるからです。

 

火災保険は、同じ建物仕様でも見積もりする保険会社や担当者によって保険金額や保険料が変わってきます。

私は所有する中古マンションで実際に見積もりをしたことがありますが、最大で「210,950円」も保険料に差がありました。

複数の見積書を比較したかどうかだけで「20万円」も変わってくるなんて怖い話ですよね。

証拠となる記述や画像は「価格.com保険で一括見積もりをした話」の記事で紹介しているので、気になる方はのぞいてみてください。

 

あなたにとって「最適・最安」のプランに加入したいなら、複数の見積書を比較できるように早いタイミングで見積もりを行いましょう。

【理由2】銀行や不動産会社に搾取される可能性がある

火災保険の見積もりのタイミングを「早め」に行っておくべき理由の2つ目は「悪質な銀行や不動産会社に搾取される可能性がある」です。

 

銀行や不動産会社の中には、余分な補償内容や特約を上乗せし、意図的に高い保険料で契約させようとする悪質な担当者が存在します。

高い保険料で契約してもらえると、銀行や不動産会社は代理店収入を多くもらえるからです。

 

あなたが住宅購入で疲弊しきっている時に、銀行や不動産会社の方から何も言わなくても見積もりを提案してくれることがあります。

あなたは「気が利くなぁ」と思うかもしれませんが、これは銀行や不動産会社が仕掛ける「罠」だったりします。

悪質な担当者だと、私たちが火災保険選びで妥協しやすいのを知っていて、わざと提案時期を遅らせ、検討時間を少なくさせます。

そうすると、「選び疲れたし、担当者にも恩があるし、もうこのプランで良いや」と検討せず言われるがまま契約する方向に流れやすくなるのです。

 

余分な補償内容や特約がついていると、平気で保険料が「数万円」変わります。

悪質な担当者に搾取されて金銭的に損しないためにも、火災保険の見積もりは早めのタイミングに済ませておきたいです。

【理由3】引き渡しに間に合わない

火災保険の見積もりのタイミングを「早め」に行っておくべき理由の3つ目は「引き渡しに間に合わない」です。

引き渡し日までに火災保険の加入が終わっていないと、以下の問題が残ります。

火災保険加入が遅れた場合の図

引き渡し後の加入でも手続き上の問題はないですが、上記の通り、あなたと大事な家族に凄まじい負担がかかる可能性があります。

特に日本は地震が災害が多くなっていますから、「火災、地震、家財」の損害に対してはすぐにカバーしたいです。

 

私が不動産会社で勤めていた時、幸いこの光景を目の当たりにしたことはありません。

しかし、「自分で考えます」といって引き渡し日以降もずっと悩み続けているお客さんがいた時はヒヤヒヤしたものです。

たいていはこのような方は、火災保険を重要視してなかったけど、「ちゃんと選ばないと危険」なことにようやく気づき、引き渡しまでに選びきれないパターンが多いです。

 

あなたや家族にリスクのない安心した生活を送らせられるよう、火災保険の見積もりは早めのタイミングから取得し、検討しておきたいです。

火災保険を一括見積もりするならこのサイト1択!【評判、口コミ、実体験あり】

価格.com火災保険のトップ画像

あなたの家に「最適」かつ「最安」のプランを見つけたいと思っているなら、「価格.com保険」の一括見積もりサイトをおすすめします。

 

私はこれまでに複数の一括見積もりサイトを使ってきましたが、「価格.com保険」が一番安いプランを提案してくれました。

実際に、最高で「20万円以上」も差がついています。(証拠画像です↓)

 

価格.com保険で取った見積もり:261,660円】

価格コム画像3

 

インズウェブ火災保険で取った見積もり:472,610円】

インズウェブ結果

 

また、「価格.com保険」を使うと「プロのコンサルタント」が日本にあるほぼ全ての保険会社(12社)からあなたの家に最適な会社を厳選してくれるので失敗がありません。

「貴重な休日を使って探してきた保険会社が無駄な補償内容をつけて保険料をつり上げるような所だった」なんていう失敗リスクを回避できます。

 

さらに価格.com保険は、

  • ネットで簡単にできる
  • 安のプランが見つかる
  • 多くのプランを比較できる
  • 最短で翌日に結果が届く

といった「利便性の良さ」もポイントです。

それが、年間見積もり件数「30万件」という結果や顧客満足度にも現れています。

 

実際に、私が不動産仲介で火災保険の提案をしていた時も、価格.com保険で見積もりしていたお客さんからはなかなか契約してもらえませんでした。

「価格.com保険で比較したら安かったんで。すみません……」と断られたことは数えきれないほどありました。

 

見積もりは「無料」ですし「手続きも5分」で終わるので、使うデメリットはありません。

あなたにとって最適なプランに最安で加入したいなら「価格.com保険」は必ず試しておきたい一括見積もりサイトです。

翌日届く!最安プランを取るならこちら↓】

価格.com保険の公式サイト

20万円以上の差が出た証拠画像あり↓】

価格.com保険の評判、口コミ、体験談

【まとめ】火災保険は見積もりのタイミングで「数十万円」も変わる!

火災保険の見積もりは、できる限り「早め」のタイミングで行いましょう。

早めに検討しておけば、あなたにとって最適で安いプランを焦らずに探すことができるからです。

 

火災保険のプランを検討する時間を長く取り、複数の見積書を比較するだけで、支払う保険料が「数十万単位」で変わってくる可能性が高いです。

実際に、私が自分の中古マンションで見積もりした際は、保険会社が違うだけで「20万円」も保険料が違いました。

不動産会社や銀行の担当者の中には、代理店収入欲しさであえて保険料の高いプランを勧めてくる悪質な人もいますから、必ず時間を取って比較検討したいです。

 

複数の見積書を比較するなら、「価格.com保険」の一括見積もりサイトをおすすめしています。

 

私は今までにたくさんの一括見積もりサイトを使ってきましたが、「価格.com保険」が「最も安いプラン」を提案してくれました。

※20万円安かった見積書も価格.com保険で取ったものでした。

 

また、私が不動産仲介にいた時の経験から見ても、賢く加入しようとしている人ほど「価格.com保険」を使っています。

もはや、「火災保険の検討=価格.com保険を使う」が安く加入するための常識になっています。

 

プランを作成するのは「プロの保険コンサルタント」なので、補償内容にスキはありません。

見積もりは「無料」ですし、手続きも5分で終わるので,価格.com保険は必ず試しておくべきです。

翌日届く!最安プランを取るならこちら↓】

価格.com保険の公式サイト

20万円以上の差が出た証拠画像あり↓】

価格.com保険の評判、口コミ、体験談

 

火災保険は「35年間」という長期間に渡って、家と家族を守ってくれる大事なものです。

あなたが今すぐ「価格.com保険」を使うのか、もう少し検討してからなのかは私にはわかりませんが、いずれにせよ、後悔のない判断をして欲しいと思います。

【実録&証拠あり】「たった3,520円」で学べる“不動産会社は絶対に教えない”中古マンションの正しい選び方を公開!

what!?

「この物件、本当に買って大丈夫?」

「部屋は気に入ったけど、本当にローン返済していける?」

「業者におすすめされたけど、騙されてない?」

 

不動産購入は価格が大きい分、不安も大きいですよね。

でも世の中には、その不安が的中して、家を買った後に「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔する人がたくさんいます。

 

後悔する人に共通しているのは、「良い物件の選び方がわからず、不動産会社の言いなりになってしまう」こと。

だから私は、優良物件の正しい選び方を学ぶことに全精力を注ぎました。

 

その結果、2015年に「710万円」の中古マンションを購入。↓

 

そして、この物件を2019年に「900万円」で売却できました。↓

単純計算で「190万円」の売却益を得ることができました。

 

加えて、「投資物件」だったので、運用益も入れて「345万円」が手元に残りました。↓

証拠の通帳2

しかも、所有していた4年間に退去は一度もありませんでした。

 

このような結果が得られたのは、不動産会社は絶対に教えてくれない「中古マンションの正しい選び方」を学んだからです。

 

ですから、不動産購入に対して不安を抱えているあなたへ、

  • 将来も資産になる物件
  • 快適に住める物件
  • 金銭的不安のない物件

の選び方をお伝えします。

 

実体験に基づいた「正しいノウハウ」を学ばないかぎり、良い物件はいつまでも見つかりません。

 

少しでも興味があれば、「たった3,520円」で学べる“不動産会社は絶対に教えない”中古マンションの正しい選び方の詳細を一度のぞいてみてください。↓

>>「たった3,520円」で学べる“不動産会社は絶対に教えない”中古マンションの正しい選び方の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました