中古マンションのハウスクリーニング費用の価格相場とおすすめ3業者

ハウスクリーニングの女性中古マンション関連

【この記事を書いた人】中田裕二

銀行員、不動産仲介、不動産投資の経験を通して、中古マンション売買に関するリアルな情報を発信。

710万円で購入した中古マンションを4年後に900万円で売却した実績あり。(投資物件としての運用益も含めて利益は345万円に)

その経験を元に、中古マンションを高く(早く)売却するためにやったことすべて「無料」でお伝えしています。↓

「【無料公開】中古マンション売却の秘訣」はこちら

中田裕二のプロフィールはこちら

ハウスクリーニングって入れておいた方がいいのかな?

引っ越し前や引っ越し後に関わらず、ハウスクリーニング入れるべきか迷いますよね。

 

ハウスクリーニングはそれなりに費用がかかりますから、自分でやれるなら自分でやって節約したいと思うのは当然の話。

でも、キレイできないことで何か大きな損があるのはもっと嫌です。笑

 

もし、あなたが「新居」に対するハウスクリーニングを考えているなら、入れるべきかどうかは、新居の状況とあなたの許容度で決めればいいでしょう。

 

しかし、あなたの「売却物件」に対するハウスクリーニングを考えているなら、慎重に検討した方がいいです。

中古マンションの部屋が汚いまま売却に出すと、あなたが大損する可能性が高いからです。

というのも、買主さんは「あえて汚い中古マンションを狙い、値引き交渉して安く買う」ことを考えています。

 

実際に私もその一人。

不動産投資の一環で「ヤドカリ投資法」を実践していた時は、汚い中古マンションを「底値(買取価格)」にまで値切って購入していました。

※買取価格がいかに低価格は「中古マンションの買取」の記事で紹介しています。

 

なので、売却予定の物件があまりにも汚いなら、ハウスクリーニングを入れておいた方がいいです。

ハウスクリーニングを入れれば、素人がやるより10倍キレイになるのは間違いありません。

ハウスクリーニングをうまく活用できれば、損するよりむしろ何百万円も高く売れる可能性だってあります。

 

この記事では、ハウスクリーニングの活用術や費用の相場価格、おすすめの3業者について詳しくお伝えしていきます。

業者に任せたいハウスクリーニングの内容と費用の価格相場は?

中古マンションのハウスクリーニングは、できる限りプロの業者に依頼しましょう。

 

素人の中途半端な知識で掃除するよりは、プロの知識と専門用具を使って掃除してもらった方が断然キレイになります。

売却物件なら、新築同様に生まれ変わって高く売れることも期待できます。

 

中古マンションに対する「プロに任せたいハウスクリーニング内容」は以下の場所です。

  • キッチン
  • レンジフード・換気扇
  • 浴室
  • トイレ
  • 洗面所
  • フロア
  • エアコン
  • 窓周り

 

上記のほとんどが、素人では簡単に落とせない汚れやプロがやれば新品同様にキレイになる部分です。

以下より、プロに任せるべきクリーニング内容や価格相場、セットプランの価格についてご紹介していきます。

キッチン

コンロ掃除

下記のような「目に見えるところ」の油汚れや水垢、くすみを徹底的に落としてくれます。

  • コンロ
  • 蛇口
  • シンク

業者によっては、研磨技術を駆使して、新品と見違えるほどにピカピカにしてくれます。

キッチンは汚れがひどく、素人の技術では新品同様にはできませんから、最もプロに任せたい場所ですね。

 

オプションを付ければ、「配水管やグリル内(どちらも+2,000円ぐらい」のクリーニングもできます。

ダスキンおそうじ本舗地域の某業者
16,000円(〜32,500円)15,000円(〜18,000円)15,000円
  • 税抜きの金額です。
  • 括弧内は複数のオプションを含めた場合の目安金額です。

レンジフード・換気扇

レンジフード・換気扇を可能な限り分解し、油汚れを徹底的に落とします。

 

キッチン同様、業者によっては研磨技術を駆使して新品みたいに仕上げてくれます。

レンジフードや換気扇の油汚れは自分で落とすのは困難ですし、臭いの元にもなるので、業者に任せた方が懸命です。

ダスキンおそうじ本舗地域の某業者
17,000円13,500円(〜17,000円)11,000円
  • 税抜きの金額です。
  • 括弧内は複数のオプションを含めた場合の目安金額です。

浴室

かきの場所の石けんカス、カビを落とします。

  • 浴室の壁
  • 天井
  • 浴槽
  • 換気扇
  • 蛇口

オプションで、コーティングや研磨サービスを利用すると、浴槽をそっくり取り替えたかのようにキレイになります。

配管の洗浄はオプションで付けられます。目に見えないところでも、後でクレームにならないよう付けておきましょう。(+5,000円前後です)

ダスキンおそうじ本舗地域の某業者
16,000円(〜49,000円)13,500円(〜52,000円)15,000円
  • 税抜きの金額です。
  • 括弧内は複数のオプションを含めた場合の目安金額です。

トイレ

トイレ掃除

自分では触りたくない便器の内側の尿石、黄ばみ、黒ずみ、カビを落としてくれます。

また、水洗タンク内や床、壁などの汚れも落としてトイレ内すべてキレイに仕上げてくれます。

オプションを付けると「汚れ防止コーティング」や「除菌」も行ってくれます。

ダスキンおそうじ本舗地域の某業者
8,000円(〜14,000円)7,500円(〜11,500円)5,560円
  • 税抜きの金額です。
  • 括弧内は複数のオプションを含めた場合の目安金額です。

洗面所

洗面ボウルや蛇口にこびりついた水垢、石けんカス、カビを落としてくれます。

また、意外と汚れている鏡や収納スペースの汚れにも対応し、新品同様にキレイになります。

 

洗面所は、比較的目につく場所に配置しているので、きれいか汚いかで買主の印象が変わります。

尋常じゃないくらい汚れているなら取り替えても良い場合もあります。(安いものなら2〜3万で取り替えられます)

ダスキンおそうじ本舗地域の某業者
8,000円(〜10,000円)7,000円(〜10,000円)5,560円
  • 税抜きの金額です。
  • 括弧内は複数のオプションを含めた場合の目安金額です。

フロア(床)

フローリングやクッションフロアは素材にあった薬剤を使って汚れを洗浄し、水拭きで拭き取ります。

更にワックスがけをして光沢を出すことで張り替えたかのようにキレイに仕上げます。

ダスキンおそうじ本舗地域の某業者
1帖  1,425円1帖  1,000円1帖  3160円※
  • 税抜きの金額です。
  • 括弧内は複数のオプションを含めた場合の目安金額です。
  • (※)独自の特殊洗浄ありの価格

 

ワックスがけはコスパが良いのでぜひ取り入れたいです。

ただ、フロアは面積が広く、買主の目に入りやすいので、ワックスがけしてピカピカにしておけば新築と勘違いさせる程の効果を発揮します。

ダスキン、おそうじ本舗の価格は「ワックス込み」です。

エアコン

エアコン掃除

エアコンをできる限り分解して、カビやホコリを除去、高圧洗浄をしてくれます。

エアコンも自分でやるには限界がありますので、業者にお願いした方が良いです。

 

クリーニング中、真っ黒な水が流れてくるのを見ているとキレイになっていることですっきりしますが、今までこれを浴びていたかという恐怖の方が大きいです。笑

ダスキンおそうじ本舗地域の某業者
12,000円(22,000円)10,000円(〜20,000円)10,000円
  • 税抜きの金額です。
  • 括弧内は「自動お掃除機能付きエアコン」の価格です。

窓周り(ガラス・サッシ・網戸)

窓のガラスやサッシ、網戸には汚れの他に結露が原因のカビが繁殖しているので、それらをキレイに取り除いてくれます。

買主が内覧時に景色を見る際に窓に近づきます。

その時に汚いとかなり印象を悪くしますので,業者に依頼してキレイにしておきたいです。

ダスキンおそうじ本舗地域の某業者
1㎡   2,721円1㎡  2,500円2,000〜4,000円
  • 税抜きの金額です。
  • 「ガラス・サッシ・網戸クリーニング」の価格です。

3.「まるごとハウスクリーニング」費用の相場を面積別にご紹介!

業者によっては、中古マンションの部屋をまるごとハウスクリーニングしてくれるセットプランがあります。

広さごとに費用の相場がありますので、ご紹介しておきます。

 

基本的には、部分ごとに依頼するより割安なのでオススメです。

ダスキンおそうじ本舗地域の某業者
1R・1K・1Dk27,000〜46,000円24,000円〜25,000〜35,000円
1LDK・2DK67,000円32,000円〜44,000円
2LDK・3DK87,000円44,000円~50,000円
3LDK・4DK94,000円56,000円~55,000〜59,000円
4LDK・5DK106,000円68,000円~65,000円
5LDK・6DK以上131,000円別途見積もり72,000円

上記の通り、同じ面積でも業者によって値段の幅が大きくあります。

 

「ダスキン」と「おそうじ本舗」のクリーニング内容を確認してみましたが、やる場所はどちらも同じでした。

業者によって独自の技術を使っていたり、洗浄のレベルが違っていたりなど、細かい部分の差はあるでしょう。

 

どちらにしても、個別でハウスクリーニングを依頼するよりも安く済みます。

あなたの中古マンションをできるかぎり高く売却するためには、上記のセットプランで依頼して、費用を安く抑えることをおすすめします。

>>おすすめの見積もり先についてはこちら

【中古マンション売主必見】ハウスクリーニングしないと損するのはなぜ?

中古マンションの売主にとって、ハウスクリーニングをやるべき理由は2つあります。

  1. 値引き交渉される
  2. 相場よりも高く売れる

中古マンションにハウスクリーニングを入れるかどうかで、あなたの売却金額が何百万も変わってくるので、下記2つの理由は必ず知っておいてください。

1.ハウスクリーニングをしないと値引き交渉の餌食に?

攻められる人

中古マンションをハウスクリーニングをせずに汚いまま売りに出すと、ほぼ値引き交渉されます。

買主は「汚い中古マンションを安く買うこと」を狙っているからです。

 

汚い部屋を見た買主に「クリーニングすれば大丈夫だろう」という発想はありません。

「うわ、汚い。これはリフォームが必要だ」というように「汚い=リフォーム」という発想になります。

ですから、「リフォーム費用の金額だけ安くして」と、値引きの切り口として利用されてしまいます。

 

むしろ、もとからリフォームやリノベーションをする予定の人や不動産投資家などは、あえて汚い中古マンションやボロ物件を安く買い叩こうと狙っています。

リフォームは安くても100〜200万かかるので、そのぐらいの値引きは覚悟しなければなりません。

 

逆に、ハウスクリーニングを行って新築同様の状態にしておけば、「汚い」ことを値引き交渉の切り口に使えなくなります。

よって、安く買い叩こうとする買主を回避できます。

 

ハウスクリーニング代は高くてもせいぜい10万前後です。

汚いまま中古マンションを売りに出して100万の損をするより、10万の出費でリスクを減らしておいた方が懸命な判断と言えます。

2.ハウスクリーニングをすると売却価格が相場より上がる?

中古マンションをハウスクリーニングすると相場価格が上がることもあります。

質の高いハウスクリーニングを行えば、中古マンションが新築同様に生まれ変わるからです。

 

ボロ物件をリフォームすると高く売れることは、不動産業界では常識。

現に「スター・マイカ」という企業はこの方法で事業を拡大させ、東証一部に上場するまでになっています。

 

もし、あなたが中古マンションを丁寧に使っていて、「汚れているだけ」の状態だったら、ハウスクリーニングするだけで新築同様になります。

リフォーム後の中古マンションとして売り出しても遜色がなければ、相場よりも高くなることが期待できます。

 

クリーニング代として10万円投入し、それが100万、200万の価格上昇につながるのなら、これほど良い投資はありません。

 

ハウスクリーニングするだけで「新築同様」に生まれ変わるのかは中古マンションの状態にもよります。

まずは売却を担当している仲介担当者に、ハウスクリーニングのみで売り出せそうか確認してみましょう。

(優秀な売却担当者の見つけ方については「私の売却体験談記事」を参考にしてみてください。)

中古マンションのハウスクリーニングにかかる期間は?

カレンダー

中古マンションのハウスクリーニングにかかる期間は、「1日〜10日ぐらい」とまちまちです。

依頼する時期やハウスクリーニングに入ってくれる人数によって変わるからです。

 

「1日」で仕上げてくれと言えば、大量に人数を入れて仕上げることも可能でしょう。

逆に、下記の繁忙期にお願いしてしまうと「1週間〜10日」ぐらい掛かるケースもあります。

  • 春の引っ越しシーズン(3〜4月)
  • 夏のエアコンクリーニングシーズン(7〜8月)
  • 年末の大掃除シーズン(12月)

しかも、ハウスクリーニング費用も上記の繁忙期を避けた方が安くなります。

需要が低い時期だと費用の価格交渉が通りやすいからです。

 

ハウスクリーニングを業者に依頼するなら、繁忙期を避けた方が期間も短くて済みますし、費用も安くなるので一石二鳥です。

おすすめの安いハウスクリーニング業者3選

ハウスクリーニングを業者に依頼する際は下記の2社利用することをお勧めします。

  1. おそうじ本舗
  2. ダスキン

当記事の各ハウスクリーニング内容の紹介でも提示してきた通り、上記2社はハウスクリーニング業者の定番ですし費用も比較的安いです。

 

そして、2社以外も比較してみたい場合は「ズバットハウスクリーニング比較」という一括見積もりサイトを使ってみてもいいです。

 

上記3社について、順にご紹介していきます。

1.おそうじ本舗

おそうじ本舗HP抜粋

「おそうじ本舗」はハウスクリーニングの「定番中の定番」の業者です。

Googleで「ハウスクリーニング」と検索すると上位に出てきますので、多くの方に支持されていることがわかります。

当記事でご紹介してきた通り、パックプランでも個別プランでも費用が一番安いのが特徴です。

 

私も実際に依頼したことがありますが、ちゃんと時間通りに来てくれましたし、対応も丁寧でした。

実体験で個人的に良い思いをしているという意味でも一番おすすめできます。

 

下記のCM動画でフローリングクリーニングをしている様子が分かりますが、新築のように蘇っていて、見ていて気持ちがいいです。笑

おそうじ本舗はコスパが良く、引っ越し前の方にもよく使われています。

どこに依頼するか迷っているなら、おそうじ本舗を選んでおけば間違いありません。

【おそうじ本舗の詳細&無料見積もりはこちら↓ 】おそうじ本舗の公式サイト

2.ダスキン

ダスキンHP抜粋

「ダスキン」はおそうじ本舗と並んでハウスクリーニングでは定番の業者です。

おそうじ本舗よりは費用が高い印象ですが、その辺の地域密着型の業者より名前も通っていますし実績もあるので安心して依頼できます。

 

オプションの数がおそうじ本舗よりも比較的多いので、あなたのニーズに合わせてハウスクリーニング内容をカスタマイズしたい場合は向いています。

【ダスキンの詳細&無料見積もりはこちら↓ 】ダスキンの公式サイト

3.ズバットハウスクリーニング比較

ズバットHP抜粋

「ズバットハウスクリーニング比較」は、複数のハウスクリーニング業者の見積もりをネットで一括取得できるサイトです。

あなたのエリアや物件に合った業者が自動的に選択され、自分で探す手間が省けるので、利用価値の高いツールです。

【下記のように業者が選ばれる↓】

ズバット一括見積もりの完了画面

 

おそうじ本舗やダスキン以外にも見積もりを比較したい場合に利用したいです。

【ズバットへの詳細&無料見積もりはこちら↓ 】ズバット一括見積もりの公式サイト

【まとめ】ハウスクリーニングはプロに任せた方が得!

中古マンションにハウスクリーニングを入れるか迷ってしまうのは、状況による正確な判断材料がなかったからです。

特に、売却物件へハウスクリーニングすれば、何百万円もの値引き交渉を回避できたり、何百万円も高く売れる可能性があるので、やらない理由がありません。

 

以下にハウスクリーニングするまでの手順をまとめてみましたので、再度確認してみてください。

  • 売却の仲介担当と一緒に「クリーニング」で済むか、「リフォーム」が必要か戦略を練る
  • ハウスクリーニングの見積もりを取り、費用の相場を把握する
  • ハウスクリーニング業者を比較し、1社に絞る

もし、自分だけで判断ができないのであれば、不動産担当者に相談してみてください。

優秀な担当者なら、今の物件の状況に対してベストなアドバイスをくれるはずです。

 

ただ、あなたが売却検討中で、まだ担当者がいないなら、まずやるべきは「優秀な売却担当者を見つけること」です。

知識やノウハウが豊富で信頼のおける担当者でないと、ハウスクリーニングした方がいいか正しい判断をしてもらえません。

 

「優秀な売却担当者の見つけ方」については、私の経験が役に立つはずです。

実際に、私は先日中古マンションを売却したのですが、購入価格より190万円も高く売ることができました。

その時も、20社以上の業者に査定してもらい、知識があって対応の良い担当者を1人にまで絞って売却依頼をしました。

そこまですれば、信頼できる担当者に出会うことができます。

 

以下の記事で売却するまでの一連の流れを「体験談」として綴っています。

あなたの物件を高く売るためのヒントになることは間違いないので、一度目を通してみてください。

 

ハウスクリーニングを行うのがベストだと判断したなら、「おそうじ本舗」に依頼しておけば失敗はありません。

おそうじ本舗は、日本で最も支持されている「ハウスクリーニングの定番」で、パックプランや個別プランでも費用が他よりも安いのが特徴です。

 

私も利用したことがあり、実際に満足できたという実体験がある意味でも、一番オススメできるの業者です。

【おそうじ本舗への詳細&見積もりはこちら↓ 】おそうじ本舗の公式サイト

 

ハウスクリーニングをうまく活用して、中古マンションの売却でも利益を上げましょう。

【無料公開】不動産担当者に“丸投げ”で中古マンションを“高く&早く”売却できた秘訣とは?

中古マンション売却の秘訣

不動産売却って、実際どうやって進めればいいの?

と悩んでいませんか?

不動産売却は、失敗したら“数百万円レベル”の損失が出る大きな取引ですから、成功確率の高い方法で慎重に進めたいですよね。

 

私も最初は同じ悩みを抱えていましたが、周りの信頼できる不動産投資家にアドバイスをもらいながら、所有していた中古マンションを売却しました。

 

その結果、「710万円」で買った中古マンションを、「900万円」で売ることができました。↓

【710万円で 購入したときの売買契約書↓】

 

【900万円で売った時の売買契約書↓】

単純計算で「約190万円」の売却益を得ることができました。

 

しかも、投資物件だったので、運用益も含めたら「345万円」が通帳に残りました。↓

証拠の通帳2

 

おまけに、売り出してからは、私は何もしませんでした。

不動産担当者に”丸投げ”にしていたら、たった1ヶ月で売主が見つかりました。

 

このように、ラクに高く(早く)売ることができたのは、「優秀な担当者を見つけること」に全精力を注いだから。

もらったアドバイスも「とにかく信頼できる担当者を見つけろ!」ってことでした。

 

なので、あなたも同じように行動すれば、不動産を高く(早く)売れる確率が上がることは間違いありません。

よって、私が経験した「不動産売却の一部始終」を、実体験記事として「無料」で公開することにしました。

 

もし、「売却で失敗したくない」「成功率の高い方法で売却活動をしたい」と少しでも思っているなら、以下の記事に一度目を通してみてください。

>>たった1ヶ月で190万円の利益を得られた私の売却体験談

タイトルとURLをコピーしました