不動産査定前に掃除する意味や効果とは?高額売却の3つのコツも伝授

123中古マンション売却

【売却を検討中の方へ】

不動産を高く(早く)売りたいと思っているなら、以下3つの一括査定サイトの利用を強くおすすめします。

  • HOME4U
  • イエウール
  • リガイド 

というのも、私が中古マンションを売却した際、実際に上記3つのサイトを使って「優秀な担当者」を見つけられたからです。

結果、たった1ヶ月で売主が見つかり、購入価格より190万円も高く売ることができました。

 

この一部始終を、以下の記事に「体験談」としてすべてをお伝えしています。

>>たった1ヶ月で190万円の利益を得られた私の売却体験談

 

「売却で失敗したくない」「成功率の高い方法で売却活動をしたい」と少しでも思っているなら、必ずお役に立てる記事です。

ネットに乱雑している、証拠のないうわべの情報に惑わされるのはもうやめにしましょう。

この記事では、不動産査定前に掃除する意味やその効果、掃除よりも重要な高額売却の3つのコツについて解説していきます。

 

不動産を査定する前に「掃除」をしておくべきかどうかで悩んでいませんか?

「掃除」で家の資産価値が上がるならやっておきたいですが、変わらないならめんどくさいからやりたくないですよね。笑

 

正直言うと、不動産売却において、査定前に「掃除」をすることで査定額が変わることはほとんどありません。

家の資産価値の評価方法はマニュアルで決まっており、掃除では変えられないものがほとんどだからです。

 

しかし、査定前に掃除をすることに意味がないわけではありません。

掃除をしておくことで売却活動が有利に進められる「ある理由」がありますから、最低限の掃除は済ませておきたいです。

 

あなたが不動産をできる限り高く売れるように、査定前の掃除方法やそのコツ、おすすめの業者に関する情報を発信していますのでご覧ください。

不動産査定前に掃除する効果は?売却価格や資産価値は本当に変わる?

資産価値は上がる?

不動産の査定前に「掃除」をする効果はほとんどなく、掃除をしても売却価格や資産価値は変わりません。

家の資産価値の評価基準は決まっていて、そのほとんどが「掃除」では変えられないものだからです。

 

不動産を高く売却するためには、複数の不動産会社に一括査定をするのは常識ですが、高く査定してもらえるように「気合入れて掃除しなくては!」と意気込む人が多いです。

 

でも、そのほとんどは徒労に終わります。

マンションの評価方法は下記のように評点項目が決まっているのです。↓

マンションの評価ポイント

 

上記は私が実際に「HOME4U」で取得した査定書の実物です。

 

赤枠が「部屋の中」の評点項目なのですが、見にくいと思うので、下記に列挙しました。

  • 眺望・景観
  • 騒音・振動
  • 開口部の方位
  • 間取り
  • 室内のグレード(建具・床材、使用状況)
  • バルコニー
  • 日照・通風
  • リビング・ダイニングルームの広さ
  • 柱・梁・天井の状況
  • 収納量
  • 専用庭の有無
  • 専用部分付加価値

ざっと見てもらえばわかると思いますが、すべて掃除だけでは改善できない項目ですよね。

 

かろうじて自分でコントロールできるのは「室内のグレード(使用状況)」くらいですが、これも購入当初から気をつけなければ意味がない項目です。

「掃除」だけで「壊れていたものが治る」ことはないですからね。汗

 

例に出していないですが、「戸建」についても同じことが言えます。

 

つまり、家の中の評価は「掃除では変えられないもの」でほとんど決まってしまうのです。

ですから、掃除をしてもしなくても査定額にほとんど差がつくことはありません。

 

ただ、査定前に掃除をした方がいい理由が別にありますので、その理由については次の章で解説していきます。

不動産査定前の掃除は最低限で良い!その意味や方法とは?

掃除

不動産の査定前には「最低限の掃除」はしておいたほうがいいです。

 

すでにお伝えしたように査定額は変わりませんが、掃除をしておくことで、あなたの家を査定する不動産会社への心象が良くなって積極的に売却活動してもらえるという意味があるからです。

また、掃除の方法は「年末の大掃除」と同じやり方をしておけば大丈夫です。

 

不動産の査定前に掃除をする意味は「不動産会社への心象をよくする」ですが、具体的に2つあります。

  • 担当者が査定をしやすい状況を作る
  • 担当者の「第一印象」を良くする

 

前章で解説した通り、家の評価には「専有部分(部屋の中)」の項目があります。

「訪問査定」の場合、担当者が実際に部屋の中に入って「間取り」を目視で確認していきます。

その時、間取りがわからないくらいに物が溢れていて、足の踏み場もない状況だったら正しく査定できませんし、担当者のあなたに対する印象も悪くなります。

 

不動産売却は「優秀な担当者」を味方につけて、積極的に動いてもらえるかが成功のカギです。(あとで詳しく解説します)

掃除をしなかったばかりに担当者の印象を悪くして、「あの家は汚いし売主もだらしないから案内をするのはやめよう……」と思われたら、売れるものも売れません。

 

査定前に掃除をしないだけで、高額売却が遠のいてしまうのはもったいないですよね。

 

査定を依頼した側の礼儀として、「査定をしやすい環境」を作っておきましょう。

あなたの家を高く売るための活動を有利に進めるためにも、査定前には「最低限」の掃除だけは済ませておきたいです。

不動産査定前の掃除よりも重要!家を高く売るための3つのコツ

査定前には最低限の掃除をしておくことが大事ですが、それ以上にあなたの不動産を高く売るために押さえておきたい3つのコツがあります。

  • 優秀な不動産業者(プロ)と出会う
  • ハウスクリーニング
  • 内覧対応

 

どれもあなたの売却価格を「数百万円単位」で変えるかもしれない要素ですから、欠かさずチェックしておきたいです。

1.家を高く売るなら優秀な不動産会社(プロ)と組むのがポイント

あなたの不動産が高く売れるかどうかは「優秀な不動産会社」に出会えるかどうかにかかっています。

 

担当者によって、提案してもらえる「売却戦略」が変わってくるからです。

シンプルに考えて、優秀な担当者なら「あなたの家を高く売る戦略」を豊富に与えてくれますが、無能な担当者なら「無駄な戦略」ばかり与えられて損をします。

 

例えば、「リフォームをして売り出す」か「ハウスクリーニングをして売り出す」かでもあなたの損得は大きく変わってきます。

リフォームは一般的に「200〜300万」くらいかかりますが、ハウスクリーニングは「10〜15万」で収まります。

仮にどっちの場合でも同じ値段で売れる物件だった場合、「ハウスクリーニングで十分です!」と見抜ける優秀な担当者と、「リフォームしないとダメっすね……」と判断を誤ってしまう無能な担当者では、あなたの出費が「数百万円単位」で変わってくるのがわかりますよね。

 

上記は極端な例ですが、「優秀な担当者に出会えるかどうか」であなたの不動産売却の成功が左右されることは間違いはありません。

 

優秀な担当者(不動産業者)を見つけるためには、ネットの無料一括査定サイトを使って「複数の業者」を比較する必要があります、

1社だけに査定を依頼しても、そこが本当に優秀なのか判断できないからです。

 

事実、私は今までに30サイト以上の一括査定サイトを検証してきましたが、「多くの不動産会社を比較できるサイト」ほど、「高く売ってくれる優秀な不動産会社」を見つけられたというデータが残っています。↓

【上位10サイト比較表】

一括査定サイト最高見積額査定先候補の数
HOME4U1020万5社
イエウール965万5社
リガイド950万8社
すまいvalue880万4社
マンションナビ & スモーラ820万3社
リビンマッチ816万3社
イエイ712万1社
イエカレ※13社
不動産査定エージェント※11社
マイスミEX※20社

※1:上位サイトで見積もりを依頼していた業者と重複したため申請できず
※2:見積もりを試みたものの、受付拒否

(サイト名をクリックすると、私の実体験記事で証拠画像を確認できます)

 

アプローチする不動産会社の数が多ければ、優秀な不動産会社に当たる確率も高まりますから、当然の結果と言えます。

 

あなたが本当に家を高く売りたいと思っているなら、HOME4U」や「イエウール」などの良い実績を残せた一括査定サイトを使って優良業者を見つけることをおすすめします。

2.本格的に掃除するなら業者に依頼するのが簡単でおすすめ!

優秀な不動産会社に「ちゃんと掃除すれば高く売れる」と判断された場合、本格的に掃除を行う方法として簡単でおすすめなのが、「ハウスクリーニング」を業者に依頼することです。

 

プロの業者にハウスクリーニングを依頼すると「10〜15万円」ほどの費用がかかりますが、「200〜300万円のリフォーム」をした場合と同じ効果が得られる可能性があり、費用対効果が高いです。

 

ハウスクリーニングを依頼すると、私たち素人が普段扱えないような薬品や独自の技術を駆使して、家の中を徹底的にキレイにしてくれます。

どのくらいキレイになるのかは、「中古マンションのハウスクリーニング費用の価格相場とおすすめ3業者」の記事で紹介している動画を見てもらえれば一目瞭然です。

本当にリフォームして取り替えた後のようにキレイになっているのがわかります。

 

そしてなにより、ハウスクリーニングを入れば、私たちの手間が一切かからないのがうれしいですよね。

眺めていれば勝手にキレイになっていきます。笑

 

逆に、「10〜15万円」をケチって、自分で掃除をした場合、買主に価格交渉を迫られる可能性が高いです。

最近の買主は汚い物件を安く購入しようとしている傾向があり、少しでも汚かったり、臭いが残っているところがあれば、すかさず指摘して価格を下げようとしてきます。

「10万円」ケチったことで「100万円」以上の値下げされることになっては本末転倒ですよね。

 

あなたの家をより高く売るため、そしてあなたの負担を軽くするためにも、ハウスクリーニングを入れて万全の体制で売却活動をしましょう。

3.内覧対応がカギ!買主は家だけでなく周辺環境も見ている!

家を掃除できたら、あとは担当者に買主を連れてきてもらって「内覧」をしてもらいます。

ほとんどの方は、「買主が勝手に内覧するだけだからやることないでしょ?」と思っていますが、内覧される売主(あなた)の方も準備が必要です。

 

特に準備が必要なのは、「周辺環境」に関してポイントをまとめておくことです。

買主は「部屋の中」以外にも、

  • 商業施設が近いか?
  • 焼酎がこうは近いか?
  • 近隣住民はどんな人が多いか?
  • 治安はどうか?

といった、「環境面」もすごく気にします。

 

確かに、長く住み続けようとしているのですから気にするのは当然ですよね。

ですから、すぐに購入に踏み切ってもらえるように「周辺環境」の面でも安心してもらえるような準備が必要なのです。

 

具体的には「周辺環境」の面で質問されそうなことを予想して回答を用意しておけば大丈夫です。

 

中古マンション向けにはなりますが、「買主目線」で書いた内覧に関する記事がありますので、参考にしてみてください。

中古マンション内覧会の7つの注意点と物件のチェックポイント

 

家を掃除することも大事ですが、家の外(周辺環境)まで目を向けると、早く購入してもらえる確率が高まります。

【まとめ】不動産査定前の掃除は高く売るための第一ステップ!

家の資産価値が何で決まるかが把握できていなければ、不動産の査定前に「掃除」をした方がいいか迷うのは当然です。

査定前の掃除が物件評価に影響しないとわかれば、それ以外のことに注意を向けて、高く売却するための「正しい努力」ができるようになります。

 

とはいえ、査定前に掃除をすることには、不動産会社の担当者に対して、

  • 査定をしやすい状況を作る
  • 「第一印象」を良くする

という意味を持ちますから、「最低限」の掃除だけは済ませておきましょう。

 

ただ、本当に家を高く売りたいと思っているなら、掃除のことを考えるよりもまず「優秀な不動産会社(担当者)」に出会うことを考える方が先です。

 

「優秀な担当者か? 無能な担当者か?」で、あなたの家を高く売るための戦略をちゃんと提案してもらえるかどうかが決まるからです。

無能な担当者に当たった場合は「数百万円単位」で損することだって十分ありえます。

 

不動産会社(担当者)選びに失敗しただけで「数百万円」の損を出すなんてもったいないですから、正しい方法をとって慎重に選びましょう。

 

 

私の経験上、優秀な担当者と出会える可能性が最も高い方法は「一括査定」をして複数の業者を比較すること以外にありません。

一括査定をすれば、一度の情報入力で「6〜10社」から査定書を取得でき、同時にたくさんの優良業者も比較検討できるからです。

 

一括査定サイトはたくさんあって迷いますが、私が今までに30以上の一括査定サイトを使ってきた中では「HOME4U」がダントツで査定額が高かったですし、日本で一番使われている一括査定サイトなのでオススメです。

 

HOME4Uの良さをここでは書き切れないので、詳しい解説や私の体験談を知りたい方は「HOME4Uの評判と口コミ」の記事を参考にしてみてください。

 

あなたの不動産を高く売ってくれる優秀な担当者を見つけたいなら、一番良い実績が残せた「HOME4U」は試しておいた方がいいです。

【HOME4Uの詳細&無料査定はこちら↓】

HOME4Uの公式サイト 

【私の実体験記事はこちら↓】

HOME4Uの評判、口コミ、体験談

 

この記事が、不動産を高く売りたい人の助けになれば幸いです。

【無料公開】不動産担当者に“丸投げ”で中古マンションを“高く&早く”売却できた秘訣とは?

中古マンション売却の秘訣

不動産売却って、実際どうやって進めればいいの?

と悩んでいませんか?

不動産売却は、失敗したら“数百万円レベル”の損失が出る大きな取引ですから、成功確率の高い方法で慎重に進めたいですよね。

 

私も最初は同じ悩みを抱えていましたが、周りの信頼できる不動産投資家にアドバイスをもらいながら、所有していた中古マンションを売却しました。

 

その結果、「710万円」で買った中古マンションを、「900万円」で売ることができました。↓

【710万円で 購入したときの売買契約書↓】

 

【900万円で売った時の売買契約書↓】

単純計算で「約190万円」の売却益を得ることができました。

 

しかも、投資物件だったので、運用益も含めたら「345万円」が通帳に残りました。↓

証拠の通帳2

 

おまけに、売り出してからは、私は何もしませんでした。

不動産担当者に”丸投げ”にしていたら、たった1ヶ月で売主が見つかりました。

 

このように、ラクに高く(早く)売ることができたのは、「優秀な担当者を見つけること」に全精力を注いだから。

もらったアドバイスも「とにかく信頼できる担当者を見つけろ!」ってことでした。

 

なので、あなたも同じように行動すれば、不動産を高く(早く)売れる確率が上がることは間違いありません。

よって、私が経験した「不動産売却の一部始終」を、実体験記事として「無料」で公開することにしました。

 

もし、「売却で失敗したくない」「成功率の高い方法で売却活動をしたい」と少しでも思っているなら、以下の記事に一度目を通してみてください。

>>たった1ヶ月で190万円の利益を得られた私の売却体験談

タイトルとURLをコピーしました